M&A速報

ジャパン・フード&リカー・アライアンス<2538>、洋食材卸売りの光和を子会社化

2018/05/24

ジャパン・フード&リカー・アライアンスは連結子会社の東洋商事(東京都中央区)を通じて、洋食材卸売りの光和(東京都江戸川区。売上高4億1900万円、営業利益△538万円、△純資産2860万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

光和は首都圏の飲食店を中心にフレンチ、イタリアンなどの洋食材の卸売りを主業務にしている。東洋商事はそば店、うどん屋などの独立生業店向けに食品や酒類を販売しており、光和の販売網や仕入れ網を活用することで物流や営業効率の改善、コスト削減などのシナジー創出につなげる。

株式取得価額は非公表。

株式取得予定日は2018年6月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

2018/04/05

東証の「適時開示」ベースで買収案件を集計したところ、3月は49件と前月より4件減った。大型案件が目立ち、日本たばこ産業がロシアのたばこメーカー4位を約1900億円で、東レがオランダの炭素繊維大手を1230億円でそれぞれ子会社化した。

【アスラポート・ダイニング】M&Aで劇的に変わる経営計画 一気に1000億円の大台に

【アスラポート・ダイニング】M&Aで劇的に変わる経営計画 一気に1000億円の大台に

2018/03/22

アスラポート・ダイニングは2018年8月に、ジャパン・フード&リカー・アライアンスを完全子会社化する。両社の売上高はほぼ同規模なため今年度の売上予想を単純に足すと単独の2倍近い740億円になる。一気に売上高1000億円の大台が視野に入ってきた。

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017/12/28

2017年の食品業界は大小合わせて20件強(発表ベース)のM&Aを数える。1年を振り返って、1000億円を超えるような大型案件はなかったものの、食品各社のM&Aへの意欲は旺盛といえる。

M&A速報検索

クリア