M&A速報

ファミレス大手のジョイフル<9942>、同業のフレンドリー<8209>をTOBで子会社化

2018/05/12

ファミリーレストラン大手のジョイフルは同業で関西を地盤とするフレンドリーをTOBで子会社化することを決議した。約15億円をかけて株式の約54%を取得する。フレンドリーの東証2部上場は維持する方針。

買付価格は1株あたり100円で、TOB公表前日の終値(207円)に対して51.69%のディスカウント。買付期間は2018年5月14日から6月11日。

ジョイフルは九州を主力エリアにファミレスや定食屋などを約800店展開する。関西をエリアとするフレンドリーはファミレスのほか、居酒屋などを運営するが、競争激化で業績が悪化し、2014年から政府系ファンドの地域経済活性化支援機構から支援を受けていた。

関連の記事

ロイヤルHDも希望退職、外食企業で募集は昨年のゼロから5社に

ロイヤルHDも希望退職、外食企業で募集は昨年のゼロから5社に

2020/10/29

「コロナ禍」を受け、外食産業で希望退職者を募る動きが広がっている。ロイヤルホールディングスが約200人を募る計画を発表。これにより、今年に入り希望退職者を募集する外食の上場企業は5社を数える。同様の例は昨年ゼロだったが、状況は様変わりだ。

チムニー・ペッパー・フレンドリー…外食業界でも希望退職者募集が広がる

チムニー・ペッパー・フレンドリー…外食業界でも希望退職者募集が広がる

2020/08/20

新型コロナの逆風下、上場外食企業の間で希望退職者の募集が広がっている。居酒屋「はなの舞」などのチムニー、「釜揚げ讃岐うどん 香の川製麺」のフレンドリー、「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービスの3社を数える。

苦境に陥った「ファミレス」 相次いで店舗を閉鎖

苦境に陥った「ファミレス」 相次いで店舗を閉鎖

2020/06/09

新型コロナウイルスがファミリーレストランの経営に大きな影を落としている。緊急事態宣言の解除に伴い、飲食店の来店客数は増えつつあるものの、ファミリーレストランの経営は当面厳しい状況が続きそうだ。

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018/12/28

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018/07/17

2018年第2四半期のTOBは、公表ベースで7件と前年と同件数だった。ベルーナのさが美へのTOBプレミアムは25.0%、ファミレスのジョイフルによる同業のフレンドリーへのTOBプレミアムはマイナス-16.9%となった。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5