M&A速報

フレンドリー<8209>、地域経済活性化支援機構から再生支援

2014/08/01

フレンドリーはりそな銀行と連名で、官民ファンドの地域経済活性化支援機構(東京都千代田区)から再生支援を受けることが決定したと発表した。新株予約権付き社債と新株予約権の第三者割当により約10億円の資金を調達するほか、主力行であるりそな銀行に対し4億円の債務の株式化(デッド・エクイティ・スワップ)などの金融支援を依頼する。新株予約権付き社債と新株予約権が全て普通株式に転換された場合、地域経済活性化支援機構はフレンドリーの株式の50.53%を所有する親会社となる。

フレンドリーは1954年の創業以来、近畿圏を中心に事業の拡大を図ってきたが、最近は外食市場の縮小や競争激化により業績が悪化していた。今回の再生支援により、既存店舗の改装による集客力の改善や徹底したコスト削減を実施し、抜本的な事業の立て直しを図る。

新株予約権付き社債による調達額は10億円。本新株予約権による調達額は67万2000円。第三者割当の払込予定日は2014年10月30日。

関連の記事

ロイヤルHDも希望退職、外食企業で募集は昨年のゼロから5社に

ロイヤルHDも希望退職、外食企業で募集は昨年のゼロから5社に

2020/10/29

「コロナ禍」を受け、外食産業で希望退職者を募る動きが広がっている。ロイヤルホールディングスが約200人を募る計画を発表。これにより、今年に入り希望退職者を募集する外食の上場企業は5社を数える。同様の例は昨年ゼロだったが、状況は様変わりだ。

チムニー・ペッパー・フレンドリー…外食業界でも希望退職者募集が広がる

チムニー・ペッパー・フレンドリー…外食業界でも希望退職者募集が広がる

2020/08/20

新型コロナの逆風下、上場外食企業の間で希望退職者の募集が広がっている。居酒屋「はなの舞」などのチムニー、「釜揚げ讃岐うどん 香の川製麺」のフレンドリー、「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービスの3社を数える。

苦境に陥った「ファミレス」 相次いで店舗を閉鎖

苦境に陥った「ファミレス」 相次いで店舗を閉鎖

2020/06/09

新型コロナウイルスがファミリーレストランの経営に大きな影を落としている。緊急事態宣言の解除に伴い、飲食店の来店客数は増えつつあるものの、ファミリーレストランの経営は当面厳しい状況が続きそうだ。

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018/12/28

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

M&A速報検索

クリア