リクルートホールディングスは、求人口コミサイトを運営する米グラスドア(カリフォルニア州)の全株式を取得し子会社化すると発表した。買収目的子会社(デラウェア州)を通じて12億ドル(約1285億円)(アドバイザリー費用等含む)を投じる。

グラスドアは2007年設立で、求人企業の口コミや給与情報に関するオンラインデータベースを求職者に提供する世界的企業。世界190カ国以上で投稿される77万社を超える企業の口コミ情報が掲載され、北米を中心に月間5900万人が利用している。2018年3月期の業績は売上高185億円、営業利益△24億円、純資産41億円。

リクルートは2012年、求人検索サイトの米インディードを約1000億円で買収し、子会社化した。グラスドアとインディードの連携を通じて、求人・求職市場での新たな事業機会の創出を目指す。

株式取得は2018年7~9月に完了させる予定で、全額をリクルートが保有する現預金で充当するとしている。