M&A速報

[中止]アジア開発キャピタル<9318>、バイオマス燃料事業のクリアスエナジーホールディングスを子会社化

2017/10/11

アジア開発キャピタルは子会社を通じて、バイオマス燃料事業のクリアスエナジーホールディングス(東京都荒川区。売上高1090万円、営業利益△291万円、純資産379万円)を子会社化することを決議した。同社が実施する第三者割当増資を引き受け株式97%を取得する。

クリアスエナジーホールディングスは1983年設立で、日本やインドネシア、マレーシアを拠点にバイオマス燃料の1つであるパーム椰子種子殻(PKS)の供給事業を展開している。アジア開発キャピタルは再生可能エネルギー市場の拡大を見込んでおり子会社化により事業基盤の拡大を図る。取得価額は未定。取得予定は2017年10月中。

M&Aデータベース

関連の記事

アジア開発の「東京機械製作所」株買い占めはTOB違反ではないのか?

アジア開発の「東京機械製作所」株買い占めはTOB違反ではないのか?

2021/09/14

アジア開発キャピタルとそのグループ会社が東京機械製作所の株式を買い占めていますが、TOBを実施しないで買い増しするのは、法律違反ではないのでしょうか。TOB実務に詳しい柴田堅太郎弁護士が疑問に答えます。

東京機械製作所・ニップン・みずほ銀行|今夏、思わぬ出来事に遭遇した企業3選

東京機械製作所・ニップン・みずほ銀行|今夏、思わぬ出来事に遭遇した企業3選

2021/08/25

出口が見えない「コロナ禍」の下、史上初めて無観客開催となった先の東京五輪。24日には東京パラリンピックもが同じく無観客で開幕した。ビジネスの世界でも今夏、思わぬ出来事に遭遇した企業がいくつかある。

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

2019/05/08

東証「適時開示」ベースで、2019年4月のM&Aは前年同月比16件増の67件と、昨年10月以降7カ月連続で前年を上回った。前月(3月)比では15件減った。海外M&Aが23件と全体の3分の1を占め、なかでも売却案件が中国を中心に9件に上った。

「丼物のチェーン店に出資したい」戦略明かす アジア開発キャピタルのアンセム ウォン副社長

「丼物のチェーン店に出資したい」戦略明かす アジア開発キャピタルのアンセム ウォン副社長

2018/02/22

アジア開発キャピタルのアンセム ウォン副社長は「丼物のチェーン店に出資したい」と自社の戦略を明かす。4月には中国の百貨店内に焼肉や寿司、お好み焼き、ラーメンなど9店が出店するジャパンフードタウンを設け、日本食事業に本格参入する。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5