村田製作所は米国子会社を通じて、心拍数などを計測するチェストセンサーなどを提供する米国Vios Medical, Inc.(ミネソタ州セントポール。売上高--、営業利益約△2億700万円、純資産約5億4800万円)を子会社化すると発表した。買収を目的に新設した子会社とViosを合併させ、存続会社Viosの株式を取得する。買収総額は約116億円(アドバイザリー費用などを含む)。

Vios Medicalは2012年12月に設立されたヘルスケアIT分野のベンチャー。、心拍数、呼吸数、心電図等を計測できるチェストセンサの開発と、モニタリングするためのソフトウエアやクラウドサービスを開発・提供する。村田製作所は自社のセンサーや通信技術とのシナジー(相乗)効果が期待できると判断した。

取得予定日は2017年10月13日。