M&A速報

村田製作所<6981>、東光<6801>をTOBで子会社化

2013/02/13

村田製作所は、東光に対して連結子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施することを決議した。村田製作所は現在東光の株式を15.88%所有しているが、TOBを通じて66.60%に持株比率を高める。東光はTOBに賛同を表明している。

両社はこれまでもお互いの強みを相互に活用し企業価値向上を図るため、資本・業務提携してきた。村田製作所は今回の子会社化により資産や経営資源を有効に活用し、新製品開発や販路拡大などで相乗効果創出を図る。

買付価格は1株300円で、TOB公表前営業日の終値に36.99%のプレミアを加えた。買付代金は約174億円。買付期間は未定。

追記事項

2014-02-13
追記
村田製作所は今回のTOBに関して中国当局による独禁法の審査手続きが長引き、その間に株価が上昇したため、東光に対するTOBの買付価格を300円から400円に引き上げると発表した。前営業日の終値に18.69%のプレミアムを加えた水準となる。
株式の保有比率を15.88%から66.20%に引き上げる。買付期間は2014年2月14日から3月18日。買付代金は230億円。

M&Aデータベース

関連の記事

【ルネサスエレクトロニクス】撤退戦から「反撃の買収戦」に挑む

【ルネサスエレクトロニクス】撤退戦から「反撃の買収戦」に挑む

2021/10/14

国産ロジック半導体の「最後の砦」であるルネサスエレクトロニクスはM&Aで誕生した。しかも、その生い立ちは暗い。1989年には日の丸半導体が世界を席巻したが、30年余りで日本企業の撤退が相次いだ。その「撤退戦」を引き受けたのがルネサスだった。

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A 20件に迫る

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A 20件に迫る

2017/12/28

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A は20に迫る件数となった。

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

2017/11/21

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

2017/11/06

2017年7月-9月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

盤石な基礎の構築に活用した村田製作所 スマホにみる見る電子部品サプライヤーM&Aの相克(3)

盤石な基礎の構築に活用した村田製作所 スマホにみる見る電子部品サプライヤーM&Aの相克(3)

2017/06/26

さまざまな電子部品を供給してきた村田製作所。それはスマホに対しても同じだ。村田製作所は、スマホや携帯電話の電子部品の研究開発や製造・販売を自社で進めてきた一方で、M&Aも活用して製品の供給力の強化を図っている。

​【村田製作所】スマホ部品で圧倒的な技術力 M&Aで車、医療、エネルギーに展開

​【村田製作所】スマホ部品で圧倒的な技術力 M&Aで車、医療、エネルギーに展開

2017/01/17

京都に本社を置く電子部品メーカー、村田製作所。積層セラミックコンデンサを始め世界シェア1位の製品が売上高の8割を占めるという超優良企業だ。スマートフォン市場の拡大で飛躍的な成長を遂げ、M&Aも駆使して自動車、医療、エネルギー分野に展開する。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5