エボラブルアジアは、メールマガジンやウェブサイトを利用した広告メディアの企画・制作を行うまぐまぐ(東京都品川区。売上高4億6900万円、営業利益5500万円、純資産4億5800万円)の株式85.7%を取得し子会社化することを決議した。

まぐまぐは1999年設立で、メールマガジン会員は750万人、運営するメディアの月間PVは1500万。エボラブルアジアはまぐまぐを傘下に取り込み、同社のユーザーに自社の総合旅行サービス「AirTrip」を広めるほか、旅行特化型メディアの運営も検討している。現在、投資会社のニューホライズンキャピタル(東京都港区)傘下のファンドがまぐまぐの全株式を所有する。

エボラブルアジアはまず、まぐまぐの株式59.6%を8億円で取得する。株式取得予定日は2017年9月29日。その後、まぐまぐ株式を保有するニューホライズンキャピタルの子会社と簡易株式交換を行い、合計で85.7%の株式を取得する。株式交換実施予定日は10月6日。