M&A速報

エボラブルアジア<6191>、メールマガジン配信サービスのまぐまぐを子会社化

2017/09/12

エボラブルアジアは、メールマガジンやウェブサイトを利用した広告メディアの企画・制作を行うまぐまぐ(東京都品川区。売上高4億6900万円、営業利益5500万円、純資産4億5800万円)の株式85.7%を取得し子会社化することを決議した。

まぐまぐは1999年設立で、メールマガジン会員は750万人、運営するメディアの月間PVは1500万。エボラブルアジアはまぐまぐを傘下に取り込み、同社のユーザーに自社の総合旅行サービス「AirTrip」を広めるほか、旅行特化型メディアの運営も検討している。現在、投資会社のニューホライズンキャピタル(東京都港区)傘下のファンドがまぐまぐの全株式を所有する。

エボラブルアジアはまず、まぐまぐの株式59.6%を8億円で取得する。株式取得予定日は2017年9月29日。その後、まぐまぐ株式を保有するニューホライズンキャピタルの子会社と簡易株式交換を行い、合計で85.7%の株式を取得する。株式交換実施予定日は10月6日。

M&Aデータベース

関連の記事

「旅行氷河期」にエアトリが中間決算で過去最高益を記録した理由

「旅行氷河期」にエアトリが中間決算で過去最高益を記録した理由

2021/06/24

旅行予約サイトのエアトリが2021年9月期中間決算で、過去最高の営業黒字を計上した。旅行業界は2020年春以降の新型コロナ感染症の拡大を受けた自粛ムードで厳しい環境にある。なぜエアトリは「旅行氷河期」にもかかわらず、最高益を実現できたのか?

GoToキャンペーンに向け体制を強化「エアトリ」がコールセンター事業を譲渡

GoToキャンペーンに向け体制を強化「エアトリ」がコールセンター事業を譲渡

2020/06/30

航空券予約サイト「エアトリ」を運営するエアトリは、コールセンター事業を展開するアップセルテクノロジィーズ((東京都豊島区)に、エアトリ旅行事業でのコールセンターなどのオペレーション業務事業を約3億5000万円で譲渡する。

【2020年】電通・東芝機械・アマダ…こんなにあるよ、社名変更!

【2020年】電通・東芝機械・アマダ…こんなにあるよ、社名変更!

2020/01/01

社名変更は企業にとって新たな飛躍を期した一大イベント。今年もすでに20社を超える上場企業で社名変更が予定されている。その顔ぶれとは?

【エボラブルアジア】M&Aで長い下積みからの「脱出」に成功

【エボラブルアジア】M&Aで長い下積みからの「脱出」に成功

2019/06/27

エボラブルアジアはインターネットを介した旅行事業を手がけるオンライン旅行会社(OTA)。2007年創業のベンチャーだが2018年9月期の年商は831億円と、OTAではじゃらんや楽天トラベルと肩を並べる大手に育った。急成長の原動力はM&Aだ。

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

2017/11/06

2017年7月-9月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【ストックオプション事例研究】エボラブルアジア新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】エボラブルアジア新株予約権(有償ストックオプション)発行

2016/08/24

今回は、エボラブルアジアの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されている。同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5