M&A速報

日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>、定期コンテナ事業を統合

2016/10/31

日本郵船(株)(以下「日本郵船」)、(株)商船三井(以下「商船三井」)及び川崎汽船(株)(以下「川崎汽船」)の3社は新たに定期コンテナ船事業統合を目的とした合弁会社を設立し、3社のコンテナ事業を統合する事業統合契約および株主間契約を締結した。3社の対象事業の売上高は日本郵船が7063億円、商船三井が7190億円、川崎汽船は6140億円。出資比率は日本郵船が38%、商船三井が31%、川崎汽船が31%。出資額合計は約3000億円(船舶、ターミナルの現物出資を含む)。

定期コンテナ船事業は成長産業であるのの、ここ数年は貨物需要の成長が鈍化する一方、新造船竣工による船腹供給が増加し、需給バランスが大幅に悪化した。その結果、市場の低迷が続き、収益の安定的確保が困難な状況となっている。これを受けて、2015年以来、業界内では買収、合併など、運航規模拡大により、競争力を高める動きが顕在化し、業界の構造自体が大きく変わろうとしている。このような事業環境下、3社は定期コンテナ船事業を安定的かつ持続的に運営するために、対等の精神に基づいて、同事業の統合を行うことを決定したとしている。

合弁会社設立予定日は2017年7月1日。

合弁会社のサービス開始日は2018年4月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

ダイビルを上場廃止とする「商船三井」、過去2度の大型合併を経験

ダイビルを上場廃止とする「商船三井」、過去2度の大型合併を経験

2021/12/02

海運大手の商船三井は不動産事業を手がけるダイビルなど上場子会社2社を非公開化する。TOB(株式公開買い付け)で株式を追加取得し、完全子会社化するもので、総額1300億円余りを投じる。今回は親子上場の解消を狙いの一つとするが、商船三井は過去、合併に次ぐ合併を重ねてきた過去を持つ。

【日本M&A史】日本郵船の誕生 近代日本の夜明けを告げた企業間競争の帰結(1)

【日本M&A史】日本郵船の誕生 近代日本の夜明けを告げた企業間競争の帰結(1)

2020/04/23

日本の近代化、工業化、経済発展の歴史は、M&Aの歴史でもあった。本連載では、日本経営史全体に大きなインパクトを与えた企業合併や企業買収を振り返ってゆく。第1回は日本郵船の誕生(1885年)である。

【日本郵船】海・陸・空の「総合物流企業」に意図せざる試練

【日本郵船】海・陸・空の「総合物流企業」に意図せざる試練

2018/08/09

日本郵船が意図せざる試練に直面している。定期コンテナ船事業の統合に伴う一時費用が想定以上に膨らんでいるうえ、傘下の日本貨物航空で整備記録の虚偽記載問題が発覚し、今期業績は早くも大幅な下方修正に追い込まれた。成長軌道にどう復帰するのか。

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5