M&A速報

ジーンズメイト<7448>、サンマリノから「OUTDOOR PRODUCTS」ブランド事業を取得

2016/08/05

ジーンズメイトは、カジュアルウェアを製造・販売するサンマリノ(東京都墨田区)から「OUTDOOR PRODUCTS」ブランドのアパレルや雑貨を取り扱うショップ5店舗と通信販売サイト運営事業を取得し、国内における独占フランチャイズ契約を承継すると発表した。

ジーンズメイトはすでにOUTDOORブランド商品を販売している。今回取得するのはららぽーと新三郷店(埼玉県三郷市) など5店舗と通販サイト。これまでは伊藤忠商事が独占フランチャイズ権を所有しショップを運営してきた。同ブランドは今後も有力商業施設への出店が見込まれており、ジーンズメイトは事業拡大につながると判断した。

取得価額は未定。取得予定日は10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

青山商事・エイベックス・セガサミー…希望退職者募集が11月「激増中」

青山商事・エイベックス・セガサミー…希望退職者募集が11月「激増中」

2020/11/17

11月に入り、上場企業による希望(早期)退職者募集が激増中だ。今年最多だった10月の12件に半月足らずで並んだ。1月からの累計では約80社を数え、すでに前年の2倍を優に超える。新型コロナ禍の出口が見通せない中、雇用情勢は緊迫の度を増している。

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

2019/09/17

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

2018/11/16

RIZAPグループが新規M&Aの凍結を表明した。その理由は19年3月期に赤字に転落する見通しになったこと。「結果にコミットする」をキャッチフレーズにフィットネスジムで抜群の知名度を持つ同社だが、これまでどんな会社を買収してきたのだろうか。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

ライザップがアパレル市場に本格進出するワケは?

ライザップがアパレル市場に本格進出するワケは?

2017/01/25

フィットネスクラブ「RIZAP(ライザップ)」で知られるライザップグループが、カジュアルウェア販売チェーンのジーンズメイトをTOBにより子会社化することになった。これまでにもアパレル系企業を子会社化してきた同社。M&Aによる新規事業開拓の一つに、アパレル事業を選んだライザップの狙いとは?

M&A速報検索

クリア