ヒトiPS/ES細胞の技術を基盤としたiPS細胞事業を展開するリプロセル(神奈川県)は、ヒト組織を用いた製薬企業向け研究受託サービスを展開する英国企業のBiopta Limited(英国、売上高2億円、営業利益△4千万円、純資産 5百万円、以下Biopta社)の全株式を取得、完全子会社化することを決議した。

リプロセルは、既存の創薬支援事業(ヒト細胞製品)に、Biopta 社が手掛ける創薬支援サービスを新たに付加して業容拡大を図るとともに、再生医療参入に向けた強固な事業ポートフォリオを構築するとしている。

株式取得価額は10億円(アドバイザリー費用等含む)。

株式譲渡実行日は平成27年12月14日。