M&A速報

新日本電工<5563>、子会社のネオジム永久磁石用合金の製造・販売事業を双日<2768>などに譲渡

2015/11/10

新日本電工は、子会社の中央電気工業(東京都中央区)が和歌山工場で手がけるネオジム永久磁石用合金の製造・販売事業を売却すると発表した。中央電気工業が新たに設立する新会社に事業を移管し、同社の全株式を希土類金属などを製造する三徳(神戸市)と総合商社の双日に譲渡する。対象事業の売上高は82億3000万円、営業利益は1億8800万円。

新日本電工は事業の選択と集中を進めており、原料レアアースの市況低迷や国内市場の競争激化を考慮し、磁石用合金事業については売却することにした。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2016年2月1日。新会社は和歌山レアアース(和歌山市)。

追記事項

2016-02-19

取得価額は4億2700万円。

M&Aデータベース

関連の記事

CVC4.0は日本企業に革新を起こせるか

CVC4.0は日本企業に革新を起こせるか

2019/06/19

ベンチャー企業への投資方法としてCVC4.0という概念がある。CVC4.0は日本企業に技術革新を創出させ、経済を活性化させる力を持つという。CVC4.0とは一体どういうものなのか。

「遠心力と求心力」のM&Aでグループの発展をーアルコニックス小井川明良経営企画部担当部長に聞く

「遠心力と求心力」のM&Aでグループの発展をーアルコニックス小井川明良経営企画部担当部長に聞く

2018/02/23

M&Aで社業を拡大するー今では確立されたビジネス手法だが、中小企業では今も抵抗感を感じる経営者も少なくない。そこで数多くのM&Aに取り組んできたアルコニックスの小井川明良氏に、その手法と効果、注意点すべきことなどを聞いた。

【日本電産】創業者「永守重信」が見込んだ後継者とは

【日本電産】創業者「永守重信」が見込んだ後継者とは

2018/02/16

日本電産は創業者の永守重信会長兼社長が社長を外れ、吉本浩之副社長が社長に昇格する人事を決めた。永守氏の強力なリーダーシップと巧みなM&A戦略で精密小型モーターの世界的企業に躍進した同社。そんなカリスマ経営者が見込んだ吉本新社長とは。

【JALUX】右肩上がりの安定経営。M&Aも堅実に。

【JALUX】右肩上がりの安定経営。M&Aも堅実に。

2017/03/24

かつては日本航空の子会社だったJALUXは、2007年に双日と資本業務提携し事業の多角化をめざして慎重にM&Aを進めている。M&Aは10年間でわずか3件だが、スキームは保守的でありながらも安定感がある。

M&A速報検索

クリア