賃貸事業を中心に不動産事業を行うヒューリック(東京都)は、AETOS Capital Real Estate, LP傘下の投資会社等から、不動産投資会社のシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ(東京都、売上高54億円、営業利益32億円、純資産70億円、以下SIA)の全株式を取得した上で、ヒューリックを存続会社、SIAを消滅会社とする吸収合併を行うことを決議した。

ヒューリックは、東京を中心とした投資基準をもとにポートフォリオを拡大させ、SIAの子会社化及び合併はそのクライテリアに合致した物件をまとめて取得できる効果を持つ希少な投資機会であり、中長期的に安定した賃貸事業収益の確保につながるとしている。

なお本件株式取得に関連して、ヒューリックはSIAが保有するSIA不動産投資法人の投資口の全てをみずほ信託銀行の完全子会社へ譲渡する株式譲渡契約を締結している。

取得価額は合計668億円。

株式譲渡契約の定めに従い、SIA 株式の取得価額は調整される可能性がある。

株式譲渡実行予定日は平成27年12月15日。

合併契約締結の効力発生予定日は平成27年12月1日。