M&A速報

パソナグループ<2168>、インドネシアの人材サービス会社Dutagriya Saranaを子会社化

2015/07/10

パソナグループは、ホワイトカラーの人材派遣でインドネシア国内有数の規模を誇るPT Dutagriya Sarana(ジャカルタ。売上高約6億51001万円、営業利益約519万円、純資産約6650万円)の株式49.0%を取得し、子会社化することを決議した。

パソナグループは2012年1月にPT Pasona HR Indonesiaを設立し、インドネシアで人材紹介と人事コンサルティング事業を展開してきた。現地日系企業から、マネジメントや従業員を育成するための教育・研修についての要望があったものの、外資参入規制により早期のサービス提供が難しかった。そのため、Dutagriya Saranaを子会社化することで総合人材サービスを開始することにした。

取得価額は約6100万円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は2015年7月中旬。

関連の記事

パソナ、「事業再構築補助金」事務局に決定

パソナ、「事業再構築補助金」事務局に決定

2021/02/16

​中小企業庁は2月12日、新型コロナウイルスの追加経済対策として創設した2020年度第3次補正予算「事業再構築補助金」の事務局に、人材派遣業大手のパソナグループを選定した。事務局は第三者委員会を設置・運営して補助金交付の申請書などを審査する。

[人材派遣業界のM&A]買収ニーズが高く、譲渡金額が高額に

[人材派遣業界のM&A]買収ニーズが高く、譲渡金額が高額に

2016/08/31

人材派遣業界は2014年度時点で、一般派遣で3兆9,056億円、特定派遣で1兆5,338 億円、合計5兆4,394億円の市場規模を有する。ピーク時の08 年度の7兆7,892 億円には遠く及ばないものの、アベノミクス下の好景気により、企業の求人需要は拡大が続く派遣業界のM&A動向を探る。

【パソナ】2015年派遣法改正。M&Aが加速する人材派遣業界の今後は?

【パソナ】2015年派遣法改正。M&Aが加速する人材派遣業界の今後は?

2016/03/25

人材派遣業界第3位に位置するパソナ。フランチャイジーも含め組織再編としてのM&Aが多い中、パソナの注目すべき買収とは?

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア