ソフィアホールディングスは、アパレル製品の製造・販売を手がけるサルース(大阪市。売上高15億円、営業利益△1億2300万円、純資産△3億6000万円)の全株式を同社代表取締役社長の木下秀夫氏へ譲渡することを決議した。

サルースは2012年8月にソフィアHDの連結子会社となったが、想定していた相乗効果を得られなかったことから売却先を探していた。今回、サルースの創業者で代表取締役の木下氏からMBO方式による株式買取の意向を受けたため同氏への譲渡を決めた。ソフィアHDは今後、BtoBビジネスに経営資源を集中させる。

譲渡価額は4405円。譲渡予定日は2015年6月30日。