M&A速報

ソフィアホールディングス<6942>、 アパレルメーカーのサルースを経営陣に譲渡

2015/06/29

ソフィアホールディングスは、アパレル製品の製造・販売を手がけるサルース(大阪市。売上高15億円、営業利益△1億2300万円、純資産△3億6000万円)の全株式を同社代表取締役社長の木下秀夫氏へ譲渡することを決議した。

サルースは2012年8月にソフィアHDの連結子会社となったが、想定していた相乗効果を得られなかったことから売却先を探していた。今回、サルースの創業者で代表取締役の木下氏からMBO方式による株式買取の意向を受けたため同氏への譲渡を決めた。ソフィアHDは今後、BtoBビジネスに経営資源を集中させる。

譲渡価額は4405円。譲渡予定日は2015年6月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

【2019年M&A】件数トップは2年連続でソフィアHD|再上場のワールドは4件

【2019年M&A】件数トップは2年連続でソフィアHD|再上場のワールドは4件

2020/01/23

2019年の企業別のM&A件数(グループ内再編を除く)を集計したところ、ソフィアホールディングスの11件(中止2件を含む)が最多で、同社が2年連続でトップだった。2位は年間5件で、SHIFT、アイカ工業、第一交通産業、電通の4社が並んだ。

【2019年M&A=調剤薬局・ドラッグストア】「破談目立つ」も件数は過去最高

【2019年M&A=調剤薬局・ドラッグストア】「破談目立つ」も件数は過去最高

2019/12/23

2019年の調剤薬局・ドラッグストア業界のM&Aは22件となり、2009年の21件を上回り2008年以降の12年間で最多となった。ただ中止が3件と破談も目立った。

ソフィアホールディングス、調剤薬局買収で“破談”が異例の2件に

ソフィアホールディングス、調剤薬局買収で“破談”が異例の2件に

2019/12/10

ソフィアホールディングスは、来年1月1日付で予定していた「なのはな」(宮城県塩竃市)が運営する調剤薬局3店舗の買収を取りやめた。同社は今年に入り調剤薬局で8件のM&Aを公表したが、今回を含めて2件が中止に追い込まれる異例の事態に。

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

【2019年上期M&A】企業別で最多は4件の「SHIFT」

【2019年上期M&A】企業別で最多は4件の「SHIFT」

2019/07/10

2019年上期(1~6月)の企業別のM&A件数はソフトウエアのテスト事業を主力とするSHIFTが4件で最多だった。3件はテレビCM制作最大手のAOI TYO Holdings、アパレルのワールドなど10社を数える。2件だと38社に上った。

【ソフィアHD】「表明保証違反」を理由に、調剤薬局の子会社化を中止

【ソフィアHD】「表明保証違反」を理由に、調剤薬局の子会社化を中止

2019/01/29

調剤薬局事業を拡大中のソフィアホールディングスが1週間前に公表したばかりの調剤薬局の子会社化を中止すると発表した。重大な表明保証違反に該当する事項が確認されたという。今回を含めて年明け後の買収撤回はすでに3件と昨年の年間件数に早くも並んだ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5