M&A速報

リクルートホールディングス<6098>、ドイツの飲食店予約サービスのQuandooを買収

2015/03/05

リクルートホールディングスは、ドイツや欧州連合(EU)各国を中心に飲食店向けオンライン予約サービスを展開するQuandoo GmbH, Germany(クアンドゥー、ベルリン。連結売上高約6億円、純資産約29億2000万円(単体))の株式を追加取得し、完全子会社化することを決議した。現在の株式所有割合は7.09%で、残りの92.91%を取得する。

クアンドゥ―は2012年創業で、最高級レストランからローカルダイニングまで13カ国6000店以上の飲食店に導入されている。リクルートはM&Aによる新たな事業基盤の獲得を目指しており、クアンドゥ―の買収は旅行・飲食・美容など日常消費領域での事業拡大の一環となる。

取得価額は約271億円(アドバイザリー費用等含む)。取得予定日は2015年3月5日。

M&Aデータベース

関連の記事

自社不動産売却ブームから透けて見える日本企業の「行動変容」

自社不動産売却ブームから透けて見える日本企業の「行動変容」

2021/04/06

大企業の不動産売却が進んでいる。新型コロナウイルス感染症拡大による業績不振によりやむなく手放すケースが目立つが、一方で業績とは関係なく不動産を売却する動きも出てきた。大企業の自社不動産に対する「行動変容」が起こりつつあるようだ。

おせち問題を招いたグルーポンが日本を撤退する「本当の理由」

おせち問題を招いたグルーポンが日本を撤退する「本当の理由」

2020/10/01

共同購入型クーポンサイトの米グルーポンが日本市場からの撤退を発表した。2010年8月に同業ベンチャーのクーポッドを買収して日本に進出。「格安で商品購入やサービスを受けられる」と、一世を風靡した。なぜ、グルーポンは日本で成功できなかったのか?

【戦略的マイノリティー出資のPMIのポイント】「段階取得」が有効な場合の条件とは?

【戦略的マイノリティー出資のPMIのポイント】「段階取得」が有効な場合の条件とは?

2020/08/31

「戦略的マイノリティー出資のPMIのポイント」の最終回。今回は「段階取得」の場合に焦点を当て、リクルートホールディングス(HD)の「二段階アプローチ」の事例をもとに、「段階取得が有効な場合の条件」を考察したい。

新規上場を果たしたChatworkのM&A戦略は?

新規上場を果たしたChatworkのM&A戦略は?

2019/10/17

ビジネスチャットをメーンとする企業としては初めて東証マザーズへ新規上場したChatwork。山本正喜CEOは「先ずは上場で資金力がついたところでM&Aに乗り出すことになる」と語っていた。上場を果たした今、どのようなM&A戦略に出るのだろうか?

少子化時代なのに「凸版印刷」は、なぜ保育園事業に本腰を入れるのか

少子化時代なのに「凸版印刷」は、なぜ保育園事業に本腰を入れるのか

2019/10/01

凸版印刷が保育園事業に本腰を入れる。IoT(モノのインターネット)を活用した保育品質の向上に取り組み、将来は保育園児の記録データなどを活用した新事業を開発する。印刷と保育園には、どのようなつながりがあるのか。

【エボラブルアジア】M&Aで長い下積みからの「脱出」に成功

【エボラブルアジア】M&Aで長い下積みからの「脱出」に成功

2019/06/27

エボラブルアジアはインターネットを介した旅行事業を手がけるオンライン旅行会社(OTA)。2007年創業のベンチャーだが2018年9月期の年商は831億円と、OTAではじゃらんや楽天トラベルと肩を並べる大手に育った。急成長の原動力はM&Aだ。

リクルートがM&A支援事業を本格展開 後継者不足に対応

リクルートがM&A支援事業を本格展開 後継者不足に対応

2019/06/27

リクルートは後継者のいない企業のM&Aを支援する「事業承継総合センター」事業の本格展開に乗り出した。今後人員を増やし、2020年3月末までに10件程度のM&Aの成立を目指す。

リクルートの次の転機は2022年|ビジネスパーソンのための占星術

リクルートの次の転機は2022年|ビジネスパーソンのための占星術

2019/05/04

リクルート事件やダイエーグループ入りなどの紆余曲折を経て、現在は日本のサービス業において上場企業第2位の売上高を誇るリクルートホールディングス。そんなリクルートの過去と未来を柳川隆洸氏が占星術的視点から読み解きます。

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

2019/01/25

2018年の業種別M&Aで、件数が最も多かったのはIT・ソフトウエア業界の125件だった。2位がその他サービス業界の120件、3位が電気機器業界の38件と続いた。

【リクルートHD】(2)グローバルNo.1になる戦略が見えてきた

【リクルートHD】(2)グローバルNo.1になる戦略が見えてきた

2018/06/21

「2020年に人材領域でグローバルNo.1になる」との目標をかかげるリクルートホールディングスの戦略がはっきりと見えてきた。峰岸真澄社長兼CEOがM&Aに積極的な姿勢を表明。最後の仕上げにM&Aが大きな役割を果たすことになりそうだ。

リクルートが世界一に向け仕かける「勝負手」とは

リクルートが世界一に向け仕かける「勝負手」とは

2018/05/10

リクルートホールディングスが目指す「2020年に人材領域でグローバルNo.1になる」との目標が現実味を帯びてきた。求人口コミサイトを運営する米国のグラスドアの完全子会社化し、トップを走るスイスのアデコ“勝負手“仕掛ける。

結婚式場探しは「ゼクシィ」から「リクシィ」の時代へ?

結婚式場探しは「ゼクシィ」から「リクシィ」の時代へ?

2018/02/16

結婚式場紹介のサービスを提供する、ブライダル業界のベンチャー企業リクシィが、2017年12月に5500万円の資金調達を行いました。この分野はリクルート「ゼクシィ」の牙城。長年居座ったその城を、とうとう明け渡す日がくるのでしょうか。業界の新陳代謝が起こっています。

【リクルートHD】(1)上場で海外M&A加速、世界一の人材系企業めざす

【リクルートHD】(1)上場で海外M&A加速、世界一の人材系企業めざす

2016/12/20

リクルートホールディングスが海外でM&A攻勢をかけています。2016年3月期の連結売上高は1兆5000億円を超え、4年前から倍増。国内の人材会社ではダントツですが、世界ではまだ4位。人材系企業で世界一を狙うリクルートのM&A戦略を検証します。

[人材派遣業界のM&A]買収ニーズが高く、譲渡金額が高額に

[人材派遣業界のM&A]買収ニーズが高く、譲渡金額が高額に

2016/08/31

人材派遣業界は2014年度時点で、一般派遣で3兆9,056億円、特定派遣で1兆5,338 億円、合計5兆4,394億円の市場規模を有する。ピーク時の08 年度の7兆7,892 億円には遠く及ばないものの、アベノミクス下の好景気により、企業の求人需要は拡大が続く派遣業界のM&A動向を探る。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア