大手電気機器メーカーの富士電機(東京都)は、アジア・パシフック地域における現地企業への販売ルートと生産拠点、人材を獲得するため、大崎電気工業の孫会社で、シンガポールの低圧配電盤および通信装置盤の有力メーカーであるSMB Electric Pte. Ltd.(シンガポール、連結売上約98億円)の全株式を取得する契約を締結した。

株式譲渡価額は約98億円。

株式譲渡予定日は平成26年12月29日。