M&A速報

富士電機<6504>、シンガポールの配・分電盤メーカーを買収

2014/11/27

大手電気機器メーカーの富士電機(東京都)は、アジア・パシフック地域における現地企業への販売ルートと生産拠点、人材を獲得するため、大崎電気工業の孫会社で、シンガポールの低圧配電盤および通信装置盤の有力メーカーであるSMB Electric Pte. Ltd.(シンガポール、連結売上約98億円)の全株式を取得する契約を締結した。

株式譲渡価額は約98億円。

株式譲渡予定日は平成26年12月29日。

M&Aデータベース

関連の記事

新型コロナ、サマンサタバサが株主総会を延期|M&Aに影響するケースも

新型コロナ、サマンサタバサが株主総会を延期|M&Aに影響するケースも

2020/04/28

新型コロナウイルスの感染拡大が企業活動のさまざまな場面に影響を及ぼしている。27日はバッグ・ジュエリーで知られるサマンサタバサジャパンリミテッドが5月下旬に予定していた定時株主総会を6月下旬に延期すると発表した。

【富士通】M&Aと構造改革を一体で推進、ICTサービスに軸足移す

【富士通】M&Aと構造改革を一体で推進、ICTサービスに軸足移す

2018/02/27

ビジネスモデルの変革を旗印に、富士通がハード製造からICTサービス企業に経営の軸足を急ピッチで移しつつある。パソコン事業に続き、携帯電話事業の売却を決断。事業構造改革とM&Aを表裏一体で推進し、“撤退戦”もようやく一段落する形だ。

M&A速報検索

クリア