M&A速報

テクノホライゾン・ホールディングス<6629>、中国の光学ユニット製造事業を現地社に譲渡

2014/05/09

テクノホライゾン・ホールディングスは、傘下のSUWAオプトロニクス(長野県茅野市)の中国子会社が手がける光学ユニット製造事業を中国現地社に譲渡することを決めた。対象となるのは中国の蘇州智能泰克有限公司(江蘇省蘇州市)が手がける事業で、直近売上高は約52億8000万円。譲渡先はSUWAオプトロニクスと河南中光学集団の合弁会社の南陽南方智能光電有限公司(河南省南陽市)。譲渡価額は約1億1400万円。譲渡予定日は2014年6月30日。

SUWAオプトロニクスはプロジェクター用・デジタルスチルカメラ用の光学レンズユニットの製造・販売を主力事業としているが、大手メーカーの市場撤退やスマートフォンの普及などで厳しい事業環境にある。今回の譲渡は事業構造改革の一環で、蘇州智能泰克は光学ユニット製造事業を休止する。

M&Aデータベース

関連の記事

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

2020/09/24

「コロナ」下、2020年度もいよいよ後半戦に突入する。10月をもって社名変更する上場企業は近年で最も多い18社を数える。その顔ぶれや新社名に込められた思いは?

M&Aを上期5件、件数トップはダブル「三井」だった!

M&Aを上期5件、件数トップはダブル「三井」だった!

2020/07/10

2020年1~6月(上期)の企業別のM&A件数を適時開示情報に基づき集計したところ、三井グループの2社が5件でトップに並んだ。このうち、三井E&Sホールディングス(旧三井造船)は5件すべてで子会社・事業の売り手に回った。

【テクノホライゾンHD】 M&Aで「選択と集中」、そして「事業再生」へ

【テクノホライゾンHD】 M&Aで「選択と集中」、そして「事業再生」へ

2018/09/13

光学機器やFA関連の電子機器事業を展開しているテクノホライゾン・ホールディングスがM&Aを加速している。同社自身もM&Aで誕生した会社だが、その歩みは決して順風満帆といえるものではなかった。度重なる経営の難問を解決する原動力はM&Aだった。

M&A速報検索

クリア