(株)シノケングループ(以下「シノケングループ」)は、資産管理会社の(株)吉村商会(売上高700万円、営業利益△700万円、純資産△9400万円、以下「吉村商会」)の株式の100%取得を通して、吉村商会の100%子会社の(株)吉村・RE・ホールディングス(売上高360万円、営業利益700万円、純資産5億8900万円、以下「ヨシムラREHD」)、吉村REHDの100%子会社で建設業を事業とする(株)小川建設(売上高59億9000万円、営業利益5億7000万円、純資産13億9000万円、以下「小川建設」)及び不動産開発を事業とする(株)小川建物(売上高0円、営業利益△300万円、純資産2700万円、以下「小川建物」)の株式を間接的に取得し、いずれも完全子会社化することを決議した。

本件株式取得により、シノケングループは、投資用マンション事業における事業の一部内製化により、コスト競争力を有することに加え、小川建設の営業拠点活用により、土地所有者の土地活用の問い合わせに対して、より高品質かつ魅力的な投資用賃貸住宅の販売が可能になるとのこと。同時に、小川建設においては、シノケングループが供給する投資用マンションの請負工事を安定的に受給することが出来るほか、シノケングループと連携した購買体制の構築を図ることで、ボリュームディスカウントによるコスト削減の可能になる見通しとのこと。これらのことから、小川建設の同社グループの一員としてフロービジネスの一翼を担うことは、双方に高いシナジー効果をもたらし、当社グループの企業価値の向上に資することが見込まれ、株式取得に至ったとしている。

株式取得価格は25億2000万円。

アドバイザリー費用は8500万円。

株式譲渡実行予定日は2014年2月7日。