村田製作所は、米国子会社のMurata Electronics North America, Inc.(MEA、ジョージア州スマーナ)を通じて通信モジュールや高周波部品を製造するRFMonolithics, Inc. (テキサス州ダラス)を完全子会社化すると発表した。MEAが新たに買収用子会社を設立しRFMを合併させる。

RFMは、医療機器や車載機器、産業機器市場など向けの通信モジュールやSAW(弾性表面波、Surface Acoustic Wave)技術を基盤とした高周波部品などの開発・販売を手がける。村田製作所は、RFMの顧客基盤やマーケティングノウハウを製品開発や販売活動に活かすことで相乗効果が期待できると判断した。

取得価額は約15億円(約19百万ドル)。取得は2012年度第2四半期(7-9月期)中をに完了予定。