テルモは、輸血関連機器大手の米CaridianBCT Holding Corp.(カリディアンBCT、コロラド州。売上高約431億円)を約2160億円で買収すると発表した。取得予定日は2011年4~5月で、スウェーデンの医療機器メーカーのGambro ABから全株式を取得する。

カリディアンBCTは1964年設立で、成分採血システムを主力事業とする。今後需要拡大が見込まれる血小板採取では高い技術力を持つ。テルモは今回の買収により、輸血関連事業分野の連結売上高が約700億円となり、業界ナンバーワンの地位を獲得する見込み。世界中の広範な輸血需要に対応できるようになるほか、米・欧、中南米での事業基盤強化を図る。