M&A速報

テンポスバスターズ<2751>、内装工事業のハマケンをMBOで譲渡

2011/02/16

テンポスバスターズは、連結子会社の内装工事業ハマケン(横浜市。売上高15億円、営業利益△229万円、純資産4億2800万円)の保有株式(持株比率88.9%)を清水進ハマケン社長へ経営陣による買収(MBO)で譲渡した。ハマケンはテンポスバスターズの連結子会社から外れる。

これに伴いテンポスバスターズは、ハマケンが保有する飲食店向け機器販売を手がけるテンポハンズ(横浜市。売上高12億5000万円、営業利益5830万円、純資産1億3900万円)の全株式の譲渡を受けると同時に、ハマケンに対する債権2億4000万円を放棄する。

テンポスバスターズは2006年に既存事業との相乗効果を狙ってハマケンを買収した。しかし、十分な相乗効果が得られなかった上に、景気低迷で経営資源の集中が必要と判断した。

テンポスバスターズは2009年9月、テンポハンズの全株式をハマケンに譲渡しており、連結子会社から外れるのを受けて返還されることになる。

いずれも譲渡日は2011年3月1日。譲渡価額は非公表。

M&Aデータベース

関連の記事

「あさくま」の上場はステーキ人気の翳りに光をもたらすか?

「あさくま」の上場はステーキ人気の翳りに光をもたらすか?

2019/05/31

「ステーキのあさくま」でおなじみのあさくまが6月27日に新規上場します。この会社、中古厨房機器販売のテンポスの子会社。今回の上場は親子上場です。ステーキ業態は人気に翳りが見え始めており、駆け込みIPOと呼ぶにふさわしい案件となりそうです。

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018/12/28

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

2018/01/19

テンポスホールディングスの子会社あさくまが、新業態「やっぱりあさくま」をオープンしました。リブロースステーキが1グラム当たり6.9円と株式市場を賑わす「いきなり!ステーキ」を相当”オマージュ”した様子。新業態を起爆剤に上場の夢を果たせるでしょうか。

M&A速報検索

クリア