M&A速報

テンポスホールディングス<2751>、飲食店子会社のきよっぱち総本店を経営陣に譲渡

2018/10/10

テンポスホールディングスは、飲食店経営と農畜産食料品の販売を手がけるきよっぱち総本店(千葉県南房総市。売上高4億6000万円、営業利益△5300万円、純資産△3億4800万円)の保有株式(持ち株比率99.5%)のすべてを、きよっぱち総本店の社長を務める手塚信世氏に譲渡することを決議した。

テンポスポールディングスはステーキ「あさくま」などの運営で知られる。今回、グループ内の飲食事業の業態構成の最適化を図る狙いから、きよっぱち総本店の譲渡を決めた。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2018年10月10日。

関連の記事

「あさくま」の上場はステーキ人気の翳りに光をもたらすか?

「あさくま」の上場はステーキ人気の翳りに光をもたらすか?

2019/05/31

「ステーキのあさくま」でおなじみのあさくまが6月27日に新規上場します。この会社、中古厨房機器販売のテンポスの子会社。今回の上場は親子上場です。ステーキ業態は人気に翳りが見え始めており、駆け込みIPOと呼ぶにふさわしい案件となりそうです。

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018/12/28

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

2018/01/19

テンポスホールディングスの子会社あさくまが、新業態「やっぱりあさくま」をオープンしました。リブロースステーキが1グラム当たり6.9円と株式市場を賑わす「いきなり!ステーキ」を相当”オマージュ”した様子。新業態を起爆剤に上場の夢を果たせるでしょうか。

M&A速報検索

クリア