M&A速報

黒崎播磨<5352>、建材事業を積水ハウス<1928>に売却

2011/02/10

黒崎播磨は、建材事業(売上高6億5800万円、営業利益△2300万円)を積水ハウスに譲渡することを決議した。

黒崎播磨は、兵庫県の高砂工場で製造する住宅用外壁材を積水ハウスに販売している。同外壁材を使用した積水ハウスの住宅販売が好調だったことから、同社が増産または自製化を要請していた。

譲渡価額は14億円。譲渡予定日は2011年4月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

積水ハウスの地面師事件を考える

積水ハウスの地面師事件を考える

2020/06/10

4月23日に積水ハウスが株主総会を開催し株主提案に注目が集まりました。きっかけは同社が地面師事件に巻き込まれ、55.5億円の損失を計上したことでした。不正な取引を防止するための内部統制がなかったわけではありませんが、機能しませんでした。

「軍配」どちらに? 経営対立の積水ハウスがあす株主総会

「軍配」どちらに? 経営対立の積水ハウスがあす株主総会

2020/04/22

現会長と前会長の経営対立に揺れる積水ハウスは23日、株主総会を開く。会社側、株主側の双方が取締役候補者の選任について賛否を問う。株主提案に軍配が上がれば、阿部俊則会長ら現経営陣は一掃され、前会長の和田勇氏が2年ぶりに経営に復帰する。

博多ホテル戦争に刺客!ザ・リッツ・カールトン福岡オープンへ

博多ホテル戦争に刺客!ザ・リッツ・カールトン福岡オープンへ

2019/07/21

積水ハウスなどが進める福岡の再開発計画「旧大名小学校跡地活用事業」に九州初のザ・リッツ・カールトンホテルの誘致が決定しました。開業は2023年3月。福岡市が進める最大規模の再開発案件に世界的なラグジュアリーホテルが鎮座することとなりました。

【積水ハウス】海外市場の開拓に注力 M&Aも視野に

【積水ハウス】海外市場の開拓に注力 M&Aも視野に

2018/04/24

積水ハウスが海外市場の開拓に力を入れている。第4次中期経営計画(2018年1月期-2020年1月期)で新たな事業の柱として「国際ビジネス」育成の方針を打ち出したためで、中期経営​計画がスタートした直後にM&Aを実施し、米国での住宅販売事業に参入した。

【積水ハウス】役員対立に揺れる戸建て最大手、そのルーツや歴史は

【積水ハウス】役員対立に揺れる戸建て最大手、そのルーツや歴史は

2018/03/23

前会長を事実上解任した積水ハウスは4月末の定時株主総会に向けて新たな役員体制を発表したが、内紛の火種もくすぶったまま。戸建て住宅最大手で、CMソング「積水ハウスの歌」で茶の間にもおなじみの会社だが、改めてそのルーツや歴史をひも解くとー。

【企業力分析】ダイフク リーマンショックからのV字回復を財務分析で評価する

【企業力分析】ダイフク リーマンショックからのV字回復を財務分析で評価する

2017/11/30

今回は、物流システム、立体式の自動倉庫のメーカーダイフクを取り上げました。ご存知ない方が多いと思いますが、リーマンショックからのV字回復が緩やかと、特徴的な会社です。

M&A速報検索

クリア