M&A速報

フィスコ<3807>、 香港の貿易会社SEQUEDGE INVESTMENTの傘下に

2010/02/22

フィスコは香港の貿易会社SEQUEDGE INVESTMENT INTERNATIONAL(ワンチャイ)を割当先とする第三者割当増資を実施することを決議した。SEQUEDGE INVESTMENT INTERNATIONALの議決権ベースでの所有割合は54.78%となり、フィスコは同社の連結子会社となる。

フィスコは経営環境の悪化で早急な企業価値の回復が課題となっていた。今回の資金調達によりシステムの開発投資などを進め収益改善を図るとともに、財務基盤の安定を目指す。

払込金額は8億9400万円。払込期日は2010年3月29日。

関連の記事

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

2019/09/17

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

テックビューロ、顧客が承認しないと仮想通貨を返還できない可能性も

テックビューロ、顧客が承認しないと仮想通貨を返還できない可能性も

2018/10/29

テックビューロは「Zaif」をフィスコへ事業譲渡を予定しており、譲渡後に仮想通貨交換業の登録を廃止し解散する。譲渡期限までに顧客が承認しない場合、仮想通貨の返還が不能になるおそれがあるという。

テックビューロ 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに売却

テックビューロ 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに売却

2018/10/14

テックビューロは10月10日、仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに事業譲渡したと公表した。

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

2018/09/20

​登録仮想通貨交換業者であるテックビューロが保管しているビットコインなどの仮想通貨約67億円分が不正流出した。フィスコグループがテックビューロを子会社化し支援する。

M&A速報検索

クリア