M&A速報

フィスコ<3807>、販促物の企画・製作会社を子会社化

2014/12/30

(株)フィスコの子会社であり、広告代理業を展開する(株)ダイヤモンドエージェンシーは、キャンペーン施策の販促物を製作するノベルティ&プレミアム企画・製作事業を展開する(株)シヤンテイ(売上高10億9000万円、営業利益̠△7900万円、純資産12億円、以下「シヤンテイ」)の株式を取得し、完全子会社化することを決議した。

昨今、企業の広告宣伝に係るPR活動は多様化・複雑化しており、企業IRについても非財務情報が重視される統合報告書なども注目され始めている。

シヤンテイの株式を取得することで、広告の企画から販促物製作および企業IRまでワンストップでの提案をする企業 "IR+PR" が可能となり、また、双方顧客へのクロスセルの実施によりフィスコグループの取引先をさらに増加すること、さらには、これまでよりも高次元の企業 "IR+PR" サービスを提供することを目的としている。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡期日は2014年12月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

2019/09/17

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

テックビューロ、顧客が承認しないと仮想通貨を返還できない可能性も

テックビューロ、顧客が承認しないと仮想通貨を返還できない可能性も

2018/10/29

テックビューロは「Zaif」をフィスコへ事業譲渡を予定しており、譲渡後に仮想通貨交換業の登録を廃止し解散する。譲渡期限までに顧客が承認しない場合、仮想通貨の返還が不能になるおそれがあるという。

テックビューロ 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに売却

テックビューロ 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに売却

2018/10/14

テックビューロは10月10日、仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに事業譲渡したと公表した。

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

2018/09/20

​登録仮想通貨交換業者であるテックビューロが保管しているビットコインなどの仮想通貨約67億円分が不正流出した。フィスコグループがテックビューロを子会社化し支援する。

M&A速報検索

クリア