M&A速報

フィスコ<3807>、ヴァルカン・クリプト・カレンシー・フィナンシャルを子会社化

2017/12/14

フィスコ<3807>はヴァルカン・クリプト・カレンシー・フィナンシャル・プロダクト(大阪府岸和田市。売上高1億3500万円、営業利益1億3200万円、純資産1億4100万円)の株式を取得し(所有割合:99.85%)、連結子会社化することを決議した。

ヴァルカンは直近期(2018年1月期)で仮想通貨に関する投資で収益をあげている。仮想通貨に関する投資実績を持つヴァルカンの子会社化により、ノウハウやリソースを相互利用し、グループ全体の収益確保を図る。

株式取得価額は1億4100万円。

株式取得予定日は2017年12月14日。

M&Aデータベース

関連の記事

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

2019/09/17

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

テックビューロ、顧客が承認しないと仮想通貨を返還できない可能性も

テックビューロ、顧客が承認しないと仮想通貨を返還できない可能性も

2018/10/29

テックビューロは「Zaif」をフィスコへ事業譲渡を予定しており、譲渡後に仮想通貨交換業の登録を廃止し解散する。譲渡期限までに顧客が承認しない場合、仮想通貨の返還が不能になるおそれがあるという。

テックビューロ 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに売却

テックビューロ 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに売却

2018/10/14

テックビューロは10月10日、仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに事業譲渡したと公表した。

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

2018/09/20

​登録仮想通貨交換業者であるテックビューロが保管しているビットコインなどの仮想通貨約67億円分が不正流出した。フィスコグループがテックビューロを子会社化し支援する。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5