M&A速報

センチュリー・リーシング・システム<8439>と東京リース<8579>、2009年4月に合併へ

2008/09/29

センチュリー・リーシング・システムと東京リースは2009年4月に合併することで基本合意した。存続会社はセンチュリー・リーシング・システムで、新会社名は東京センチュリーリースとする予定。新会社は東証1部への上場を継続する。

リース業界は国際的な金融市場の混乱や景気低迷などで大きな変革期を迎えており、両社は事業の再構築を図り、グローバルな競争力を高める。合併後の新会社はみずほフィナンシャルグループや伊藤忠商事、日本生命など大手企業を株主とし、業界トップクラスのリース会社となる。

株式交換比率は未定。合併期日は2009年4月1日。

関連の記事

【東京センチュリー】米ACGを3200億円で買収、M&Aをテコに航空機ビジネス拡大へ

【東京センチュリー】米ACGを3200億円で買収、M&Aをテコに航空機ビジネス拡大へ

2019/10/10

東京センチュリーは米航空機リース大手、アビエーション・キャピタル・グループ(ACG)を買収する。約3200億円を投じて株式75.5%を追加取得し、完全子会社化する。同社として過去最大のM&Aだ。航空機ビジネスにアクセルを踏み込む理由とは。

【M&Aサマリー9月】2カ月連続で前年下回る69件、ヤフーが4000億円でZOZO買収 

【M&Aサマリー9月】2カ月連続で前年下回る69件、ヤフーが4000億円でZOZO買収 

2019/10/02

9月のM&Aは前年同月比6件減の69件となり、2カ月連続で前年を下回った。活況が続いてきたM&A市場の変調の兆しなのかどうかが気になる。1~9月の累計では602件と前年同期を50件強上回り、2009年以来10年ぶりの高水準にある。