センチュリー・リーシング・システムと東京リースは2009年4月に合併することで基本合意した。存続会社はセンチュリー・リーシング・システムで、新会社名は東京センチュリーリースとする予定。新会社は東証1部への上場を継続する。

リース業界は国際的な金融市場の混乱や景気低迷などで大きな変革期を迎えており、両社は事業の再構築を図り、グローバルな競争力を高める。合併後の新会社はみずほフィナンシャルグループや伊藤忠商事、日本生命など大手企業を株主とし、業界トップクラスのリース会社となる。

株式交換比率は未定。合併期日は2009年4月1日。