M&A速報

関電工<1942>、川崎設備工業<1777>をTOBで子会社化

2008/03/10

関電工は、川崎設備工業をTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。議決権ベースで50.1%の株式取得を目指す。川崎設備工業は上場を維持する。また、同社は今回のTOBに賛同の意見を表明している。

川崎設備工業は、中部地区を中心に空気調和設備工事や給排水衛生設備工事などを受注する。関電工の連結売上高は設備工事が98.6%を占めており、川崎設備工業との資本提携により競争力を強化する。

TOBの買付価格は1株あたり105円。2008年3月6日までの過去3カ月間の終値の平均値105円と同水準となる。

TOBの買付予定数は597万2000株で、買付予定額は約6億2700万円。

公開買付期間は2008年3月11日から4月10日までを予定している。

関連の記事

「空飛ぶクルマ」が飛び越えなくてはならない三つのハードル

「空飛ぶクルマ」が飛び越えなくてはならない三つのハードル

2019/02/05

経済産業省と国土交通省が垂直離着陸で飛行できる「空飛ぶクルマ」の実証実験を、2019年に東京、大阪、福島、三重の4都府県で実施する。国は早期の実用化を目指すとしているが実現は容易ではない。越えなくてはならない三つのハードルを検証しよう。

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

2017/11/29

​産業用ロボット分野でM&Aの動きが表面化してきた。日本のロボットメーカーが他のロボットメーカーやロボット事業を買収する流れが強まる一方で、中国企業が日本のロボットメーカーを買収する動きも見え隠れし始めてきた。国際ロボット連盟の予測によると、産業用ロボットの稼働台数は2016年に180万台だったのが2020年には300万台に増えるという。旺盛な需要に支えられ、今後、企業買収などによる新規参入や事業拡大が活発化するのは間違いなさそうだ。

神戸製鋼が当期損益見通しは見送りへ! 収拾の道筋見えず

神戸製鋼が当期損益見通しは見送りへ! 収拾の道筋見えず

2017/11/10

神戸製鋼所<5406>の経営が揺れに揺れている。アルミ・銅製品や鉄鋼製品の品質データ改ざん問題が表面化して1カ月となるが、事態収拾の道筋は一向に見えない。新規商談は事実上ストップし、国内外500社を超えるデータ改ざん製品の納入先からは今後、損害賠償請求が予想される。八方ふさがりの状況をどう打破するのか。事業の切り売りを迫られるのか。事と次第によっては鉄鋼業界の再々編につながる可能性もある。 

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5