トヨタ自動車で最高顧問の豊田英二氏が17日死去した。100歳。英二氏はトヨタ自動車創業者の喜一郎氏(第2代社長)のいとこで、1967年に第5代社長に就任(~1982年)。在任中、大衆車「カローラ」を商品化したほか、GM(ゼネラルモーターズ)とトヨタ初の海外合弁生産工場NUMMI(カリフォルニア州)を設立し、その後の単独進出の基礎を築いた。