沖縄県の記事一覧

SUVなどの中古車販売を手がける「グッドスピード」バイク事業にアクセル

SUVなどの中古車販売を手がける「グッドスピード」バイク事業にアクセル

SUV、ミニバンなどの中古車販売を手がけるグッドスピードが、バイクメーカーの米ハーレーダビッドソンとイタリアのベスパの正規ディーラーを運営するチャンピオンを傘下に収める。グッドスピードとはどのような企業なのか。

記事を読む
都道府県別のM&Aランキングは?|福岡、北海道がトップ10入り

都道府県別のM&Aランキングは?|福岡、北海道がトップ10入り

M&Aの分野でも「東京一極集中」が際立っている。東京都は2位の大阪府を6倍近く引き離して断トツだ。これに続いて3大都市圏近郊の府県が上位に顔をそろえるが、福岡県、北海道の地方の両雄がそろって上位10にラインクインする。

記事を読む
事業引継ぎ支援センター 9カ所が「A評価」中小機構が報告

事業引継ぎ支援センター 9カ所が「A評価」中小機構が報告

中小機構)は11月9日、経済産業省に「令和元年度(2019年度)に認定支援期間等が実施した事業引継ぎ支援事業に関する事業評価報告書」を提出した。報告書によると、全国48カ所の事業引継ぎ支援センターのうち9カ所が「A評価」となった。

記事を読む
それでも政府は緊急事態宣言を二度と出さない「三つの理由」

それでも政府は緊急事態宣言を二度と出さない「三つの理由」

新型コロナウイルス感染者数が今春の「第1波」を上回って久しい。死亡者数も急増しており、政府の「緊急事態宣言」が再度出されるのではないかとの見方もある。が、どうやら感染拡大が進み死亡者数が増加しても、政府の「宣言」は二度と出ない可能性が高い。

記事を読む
旅行大手のHIS「コロナ禍収束」を見越し反転攻勢に

旅行大手のHIS「コロナ禍収束」を見越し反転攻勢に

エイチ・アイ・エスがコロナ禍の収束を見越して攻勢に打って出た。同社子会社のH.I.S.ホテルホールディングス​が、ホテルや旅館を対象にM&Aや資本、業務提携、人材派遣などの取り組みを強化する。

記事を読む
「旅行会社」に新たな動き 仕事と休暇の融合ビジネスや家電販売なども

「旅行会社」に新たな動き 仕事と休暇の融合ビジネスや家電販売なども

旅行会社に新しい動きが広がってきた。JTBは企業や自治体などに、ワーケーション(リゾート地などで働きながら休暇を取得する仕組み)商品を提供するビジネスに乗り出すほか、エイチ・アイ・エスはタイで家電の販売を始めた。

記事を読む
鳥貴族が持株会社体制へ移行、居酒屋企業は多角化不可避の時代へ

鳥貴族が持株会社体制へ移行、居酒屋企業は多角化不可避の時代へ

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言後、従来の在り方そのものが問い直されている居酒屋業界。テイクアウトなど新たな道を探る中、エー・ピーカンパニーと鳥貴族が次々と持株会社への移行を発表しました。それは一体何を意味するのでしょうか?

記事を読む
コロナ緊急事態宣言解除後に「観光客の足が遠のきそうな県」3選

コロナ緊急事態宣言解除後に「観光客の足が遠のきそうな県」3選

コロナ緊急事態宣言が解除され、低迷していた観光業の復活が期待される。だがSNSやネット上で「2度とあの県には足を踏み入れない」「コロナが収まったから来て下さいとはムシが良すぎる」と槍玉に挙がっている県も。なぜそんなことになってしまったのか?

記事を読む
メルカリが「未来の価値交換」で角川ドワンゴのN高とコラボ授業

メルカリが「未来の価値交換」で角川ドワンゴのN高とコラボ授業

メルカリはN高で未来の価値交換を支えるビジネスやサービスを創造する授業「Project 2040 – 20年後の価値交換を考える」を実施すると発表した。N高通学コースの課題解決型学習「プロジェクトN」の一貫で、期間は同日から6月26日まで。

記事を読む
緊急事態宣言解除後の「ゴルフ」の新常識とは

緊急事態宣言解除後の「ゴルフ」の新常識とは

緊急事態宣言解除の時期や条件に関する話題が増える中、すでに大きな変化に直面しているゴルフ業界では、緊急事態宣言解除後にその大きな変化がゴルフの新しい常識となりそうだ。

記事を読む
鎖国から鎖県へー相次ぐ「来県自粛要請」は地域経済の禍根にも…

鎖国から鎖県へー相次ぐ「来県自粛要請」は地域経済の禍根にも…

新型コロナウイルス感染症に対応するため、政府が7都府県を対象に「緊急事態宣言」を出した。これを受けて全国の自治体首長から「宣言地域からの来県自粛」を求める声が相次いでいる。かつての「鎖国」論が「鎖県」論にエスカレートした格好。その問題点は。

記事を読む
沖縄初の新型コロナウイルス関連「アクアレンタカー」が民事再生

沖縄初の新型コロナウイルス関連「アクアレンタカー」が民事再生

沖縄県宮古島市でレンタカー業を手掛けていたニューステップが3月23日、那覇地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は債権者84名に対して3億9038万円。

記事を読む
オリオンビールを買収した投資ファンド「カーライル・グループ」とは

オリオンビールを買収した投資ファンド「カーライル・グループ」とは

カーライル・グループは365のファンドを抱え、2,220億ドル(22兆2000億円)以上の資産を運用する世界的な投資会社です。1987年に米国ワシントンで設立され、ヨーロッパ、南米、アフリカ、アジアなど世界中に拠点を設けています。

記事を読む
「串カツ田中」が鳥料理事業に参入 第2のブランドを持つ理由とは

「串カツ田中」が鳥料理事業に参入 第2のブランドを持つ理由とは

串カツ田中ホールディングスが鳥料理事業に参入する。これまでは串カツのみで事業展開してきたが、今後は串カツと鳥料理が経営の2本柱となる。 今後、多ブランド展開が加速しそうだ。

記事を読む
【2019年第4四半期・年間】 TOBプレミアム分析レポート

【2019年第4四半期・年間】 TOBプレミアム分析レポート

2019年通年(1-12月)の累計件数は完了ベースで41件(同4.6%減)と前年を2件下回った。届出ベースでは46件(同9.5%増)と前年を4件上回っている。買付総額は3年連続で増え、1兆円を超える水準で推移している。1000億円超は4件。

記事を読む
「スタッフは女性だけ」のステーキ店を運営する碧(へき)|【東証PRO】

「スタッフは女性だけ」のステーキ店を運営する碧(へき)|【東証PRO】

東京証券取引所にTOKYO PRO Marketという新市場が生まれ、株式会社碧(へき)はその新市場に2013年に上場を果たした。本社は沖縄県那覇市。どこにも負けない「おもてなし」を届けるステーキ店として、大阪、東京へと事業を拡大している。

記事を読む
お正月だからこそ要チェック!「ふるさと納税」の最新トレンド

お正月だからこそ要チェック!「ふるさと納税」の最新トレンド

ふるさとでお正月を迎えている人も多いだろう。折しも1月は暦年が基準となる「課税の節目」でもある。そこで「お得な税制優遇策」として定着した「ふるさと納税」の新しいトレンドを紹介しよう。地元に何らかの貢献をしたい人は、ぜひチャレンジしてほしい。

記事を読む
ファミレスの「ロイヤル」が最高額 外食業界の2019年のM&A

ファミレスの「ロイヤル」が最高額 外食業界の2019年のM&A

2019年(2019年1月1日-12月19日)の外食・フードサービス業界のM&Aは29件となり、2008年の26件を上回り2008年以降の12年間で最多となった。

記事を読む
「デジタル化に積極的だったのに…」カタログ印刷の千明社が倒産

「デジタル化に積極的だったのに…」カタログ印刷の千明社が倒産

2019年11月13日、大手通販会社のパンフレットやカタログなどの印刷を手がけていた千明社(東京都千代田区)が東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請。30億円の負債を抱えて事実上倒産した。が、同社はデジタル化に背を向けていたわけではない。​

記事を読む
タピオカ屋さん 夏場の半年間でほぼ2倍に急増

タピオカ屋さん 夏場の半年間でほぼ2倍に急増

タピオカ関連企業の数は東京商工リサーチ調べによると2019年8月末現在で60社。2019年1-7月のタピオカおよびタピオカ代用物の輸入は約6,300トンで、2018年(年間)の約3,000トンを大幅に上回っている。

記事を読む
【ヒューリック】日本ビューホテルを子会社化し「観光」強化へ

【ヒューリック】日本ビューホテルを子会社化し「観光」強化へ

ヒューリックが不動産事業で新規領域の開拓にアクセルを踏み込んでいる。後発ながら、ここへてき攻勢を強めているのがホテル。6月、「浅草ビューホテル」など20ホテルを運営する日本ビューホテルを買収することを決めた。

記事を読む
【インパクトHD】「店頭」販促トップの座を固め、インドでコンビニ事業

【インパクトHD】「店頭」販促トップの座を固め、インドでコンビニ事業

インパクトホールディングスは、流通小売業における店頭販促サービスのリーディングカンパニーを自任する。4月にメディアフラッグから社名を変更したばかり。今年はすでに3件のM&Aを実施し、インドではコンビニ事業計画を進める。

記事を読む
風向き変わるか 第一交通産業のM&A 

風向き変わるか 第一交通産業のM&A 

2011年から2013年の3年間に22件のタクシー会社や事業を買収したあと、その後の5年間で4件と鳴りを潜めていた第一交通産業が、2019年に入って2月と3月にタクシー事業で2件のM&Aに踏み切った。M&A復活の狼煙(のろし)となるのか。

記事を読む
MBOは3カ月で4件、前年件数を早くも超える

MBOは3カ月で4件、前年件数を早くも超える

2019年第1四半期(1~3月期)のTOBは15件で、前年同期(8件)のほぼ2倍となった。なかでもTOBを通じたMBO(経営陣が参加する買収)は4件と、前年の年間3件をすでに上回った。

記事を読む
【M&Aサマリー2月】前年比3割増の77件、MBOで非公開化も2件

【M&Aサマリー2月】前年比3割増の77件、MBOで非公開化も2件

東証適時開示ベースで、2019年2月のM&Aは77件と、前年同月(60件)を約3割上回った。MBOで株式の非公開化を目指す動きも2件あった。海外案件は13件と前年並みだった。取引金額1000億円を超える大型M&Aはなかった。

記事を読む