M&A速報

[中止]ジャパンインベストメントアドバイザー<7172>、TATERU<1435>傘下で不動産投資コンサルのインベストオンラインを子会社化

2019/03/18

ジャパンインベストメントアドバイザーは、TATERU傘下で不動産投資コンサルティングのインベストオンライン(東京都新宿区。売上高17億6800万円、営業利益4億600万円、純資産7億8300万円)の株式80%を取得し子会社化することを決めた。

インベストオンラインは「新築一棟投資法」「賃貸併用住宅のススメ」「INVEST ONLINE」などの不動産投資家向け情報提供サイトの運営を主力とする。

ジャパンインベストメントアドバイザーはオペレーティングリースをはじめ、太陽光発電などの社会インフラへの金融ソリューションの提供、事業承継、企業再生、ベンチャー企業育成などを手がける。今回、インベストオンラインを傘下に取り込むことで、不動産関連事業の基盤構築につなげる。

取得価額は未確定。取得予定日は2019年3月中。

追記事項

2019-03-29

株式譲渡に関する契約が完了した。取得価額は12億円。取得予定日は2019年4月5日に決定した。

2019-06-25

子会社化した後の営業展開や経営方針などの点で合意に至らず株式譲渡契約を解除した。

M&Aデータベース

関連の記事

社名変更を繰り返すのは「異端」企業?

社名変更を繰り返すのは「異端」企業?

2021/05/01

今年に入り上場企業の社名変更は20社余り。ソニーは63年ぶり、楽天は22年ぶりということで話題となったが、一方で社名変更を頻繁に繰り返すところもある。その一つがクレアホールディングスから社名を変更した中小企業ホールディングス。今回が5度目だ。

TATERU・キョウデン・富士通フロンテック…下期も「早期退職募集」に勢い?

TATERU・キョウデン・富士通フロンテック…下期も「早期退職募集」に勢い?

2019/07/29

上場企業の間で人員削減の動きが強まっている。7月に入り、TATERU、キョウデン、富士通フロンテックの3社がすでに早期退職者の募集を発表。早期退職者募集は上期で12社に上り、昨年1年間にほぼ並んだが、下期は勢いがさらに増すことが予想される。

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

データ改ざんが発覚したTATERU(旧インベスターズクラウド)、連結を下方修正

データ改ざんが発覚したTATERU(旧インベスターズクラウド)、連結を下方修正

2018/11/29

投資用アパートの開発・販売のTATERU<1435>が、2018年12月期の連結業績を下方修正した。同社は今年8月に、従業員が顧客から提供を受けた融資関連書類を改ざんしていたことが発覚している。

【まとめ】2017年10月-12月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年10月-12月に発表された 主要なM&A案件

2018/02/14

2017年10月-12月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【ストックオプション事例研究】ジャパンインベストメントアドバイザー有償ストックオプションの発行

【ストックオプション事例研究】ジャパンインベストメントアドバイザー有償ストックオプションの発行

2016/10/18

金融ソリューション事業および日本証券新聞などメディア関連事業を行っているジャパンインベストメントアドバイザーの新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

M&A速報検索

クリア