M&A速報

[中止]ソフィアホールディングス<6942>、山口県宇部市の調剤薬局のエイエムファーマを子会社化

2019/01/19

ソフィアホールディングスは子会社のルナ調剤(東京都新宿区)を通じて、調剤薬局経営のエイエムファーマ(山口県宇部市。売上高2億2000万円、営業利益3万4000円、純資産4400万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

エイエムファーマは2006年設立で、宇部市内で調剤薬局を1店舗経営する。ソフィアHDは経営多角化の一環として調剤薬局事業の拡大に乗り出しており、昨年1年間だけで同事業に関して9件の買収を手がけている。ソフィアHDによる調剤薬局買収は今回が今年の第1号。

取得価額は2億1500万円。取得予定日は2019年2月1日。

追記事項

2019-01-26

ソフィアHDは、最終契約締結を前にエイエムファーマにおいて重大な表明保証違反に該当する事項が確認されたことから、子会社を中止すると発表した。

関連の記事

【2019年M&A】件数トップは2年連続でソフィアHD|再上場のワールドは4件

【2019年M&A】件数トップは2年連続でソフィアHD|再上場のワールドは4件

2020/01/23

2019年の企業別のM&A件数(グループ内再編を除く)を集計したところ、ソフィアホールディングスの11件(中止2件を含む)が最多で、同社が2年連続でトップだった。2位は年間5件で、SHIFT、アイカ工業、第一交通産業、電通の4社が並んだ。

【2019年M&A=調剤薬局・ドラッグストア】「破談目立つ」も件数は過去最高

【2019年M&A=調剤薬局・ドラッグストア】「破談目立つ」も件数は過去最高

2019/12/23

2019年の調剤薬局・ドラッグストア業界のM&Aは22件となり、2009年の21件を上回り2008年以降の12年間で最多となった。ただ中止が3件と破談も目立った。

ソフィアホールディングス、調剤薬局買収で“破談”が異例の2件に

ソフィアホールディングス、調剤薬局買収で“破談”が異例の2件に

2019/12/10

ソフィアホールディングスは、来年1月1日付で予定していた「なのはな」(宮城県塩竃市)が運営する調剤薬局3店舗の買収を取りやめた。同社は今年に入り調剤薬局で8件のM&Aを公表したが、今回を含めて2件が中止に追い込まれる異例の事態に。

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

【2019年上期M&A】企業別で最多は4件の「SHIFT」

【2019年上期M&A】企業別で最多は4件の「SHIFT」

2019/07/10

2019年上期(1~6月)の企業別のM&A件数はソフトウエアのテスト事業を主力とするSHIFTが4件で最多だった。3件はテレビCM制作最大手のAOI TYO Holdings、アパレルのワールドなど10社を数える。2件だと38社に上った。

【ソフィアHD】「表明保証違反」を理由に、調剤薬局の子会社化を中止

【ソフィアHD】「表明保証違反」を理由に、調剤薬局の子会社化を中止

2019/01/29

調剤薬局事業を拡大中のソフィアホールディングスが1週間前に公表したばかりの調剤薬局の子会社化を中止すると発表した。重大な表明保証違反に該当する事項が確認されたという。今回を含めて年明け後の買収撤回はすでに3件と昨年の年間件数に早くも並んだ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア