ネット広告のセプテーニ・ホールディングスは同業のオプトホールディング傘下の韓国eMFORCE Inc.(ソウル。売上高21億2000万円、営業利益1億7200万円、純資産6億2200万円)の株式95%以上を取得し子会社化することを決議した。

セプテーニ・ホールディングスは主力のネット広告事業でアジアを主体に海外展開する。eMFORCはソウルを本拠にSEM(サーチエンジンマーケティング)を中心とする運用型広告に強みを持つネット専業の総合デジタル広告会社。拡大する韓国のデジタル広告市場で事業展開する両社が連携することでシナジー(相乗効果)創出が可能と判断した。

取得価額は15億〜19億円。取得予定日は2018年10月1日。