オリックスは米子会社を通じて、米国でローン組成や資産運用を手がけるNXTキャピタル(イリノイ州シカゴ)の全株式を取得し子会社化することを決議した。買収金額は非公表だが、1000億円にのぼるとみられる。

NXTキャピタルは2010年に設立し、ミドルマーケット(中堅企業市場)向けのレバレッジ・ファイナンス(買収先の将来キャッシュフローと資産を担保とする金融手法)、不動産ファイナンスなどを主力業務とする。なかでもシニア・セキュアード・ローン(返済の優先順位が高く回収リスクの低い担保付き融資)の組成に強みを持ち、自己勘定だけでなく、機関投資家の資金なども活用している。

取得価額は非公表。

取得予定日は2018年8月中。