帝人は米国で在宅医療事業を展開する子会社2社を、米投資会社Quadrant Management,Inc 傘下のPPS HME LLC(ニューヨーク州)に売却し米国の在宅医療事業から撤退することを決議した。

対象となるのはBraden Partners, L.P.(カリフォルニア州。売上高約70億円、営業利益約△37億8000万円、純資産約△278億円)と Associated Healthcare Systems, Inc.(ニューヨーク州。売上高約5億5600万円、営業利益約△8億9000万円、純資産約△26億7000万円)の2社。帝人グループは2008年に北米での在宅医療事業に参入したが、米国の医療保険制度改革などの影響により厳しい収益状況が続いていた。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2017年4月27日(米国時間)。