M&A速報

TDK<6762>、慣性センサー製造の米InvenSenseを子会社化

2016/12/21

TDKは、慣性センサー製造の米国InvenSense(カリフォルニア州サンホゼ。売上高約492億円、営業利益約3億円、純資産約445億円)を子会社化することを決議した。新設した子会社のTDK U.S.A. Corporation(ニューヨーク)と合併させる。

InvenSenseはスマートフォンやウェアラブル機器、ゲーム機器、カメラの手振れ補正などのコンシューマー機器で多くの取引実績がある。TDKはInvenSenseが保有する先進的な慣性センサー技術取り込むことで、幅広い技術・製品ラインアップを顧客に提供することが可能になると判断した。

取得総額は約1580億円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は2018年3月第2四半期。

M&Aデータベース

関連の記事

EV用電池で世界最大手のCATL、「ルーツ」は日本企業だった

EV用電池で世界最大手のCATL、「ルーツ」は日本企業だった

2021/07/08

電気自動車の基幹部品である車載電池でトップを独走する中国CATL。2011年12月に創業したリチウムイオン電池ベンチャーで、2017年にはパナソニックを追い抜き、車載電池市場で世界一となった。その技術の「源流」は日本企業にあるという。

新型コロナ禍で相次いでいる「のれん減損」って何?

新型コロナ禍で相次いでいる「のれん減損」って何?

2020/08/27

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による景気低迷が長期化する中、「のれん代」を減損処理する企業が増えている。「のれん減損」で大幅赤字に転落するケースも珍しくない。2020年は「のれん減損」ラッシュになりそうだ。なぜか。

【双葉電子工業】M&Aで次世代の「芽」を創造する老舗メーカー

【双葉電子工業】M&Aで次世代の「芽」を創造する老舗メーカー

2018/09/04

双葉電子工業は蛍光表示管(VFD)、有機ELディスプレー、タッチセンサー、複合モジュール、産業・ホビー用ラジコン機器などの電子デバイス製品や金型用器材、生産器材などを手がける製造業。これだけ幅広い製品を提供できるようになった理由はM&Aだ。

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

2017/11/21

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

M&A速報検索

クリア