マンション及びオフィスビルの総合管理事業などを行う日本ハウズイングは、シンガポールにおいて建築設備のエンジニアリング及びファシリティマネジメントを営むPROPELL INTEGRATEPTE LTD(売上高:49億円、経常利益:1億円、純資産:9億円、以下、PROPELL)の株式80%を取得し子会社化することを決議した。なお、今回の取引から3 年をめどに、残りの20%を取得し、100%子会社とする。

PROPELLは、シンガポールにおいて建築設備のエンジニアリング及びその後のメンテナンスを含むファシリティマネジメントまで総合的に業務を行えることや国内で最高レベルの資格を保有することを強みに、オフィスビル、商業施設、病院、学校など多種多様な建物の新築工事からその後の管理まで携わってきた。日本ハウズイングは、成長著しいASEAN への進出を業容拡大のための重要施策の一つと考えており、進出済みのベトナム及び今回進出を決定したシンガポールを足がかりに、今後も他地域への進出についても積極的に検討していくとしている。

株式取得価額は非公表。

株式取得予定日は2017年2月。