M&A速報

日本ハウズイング<4781>、ベトナム清掃最大手Pan Pacificグループ2社を子会社化

2015/09/18

日本ハウズイングは、オフィスビルの清掃やメンテナンスなどを手がけるベトナム企業2社を子会社化すると発表した。対象となるのはPan Pacific Services Company Limited (ホーチミン。売上高約14億400万円、純資産約3億2900万円)とPan Pacific Company Limited(ハノイ。売上高約4億900万円、純資産約1億200万円)で、それぞれ出資持分の80%を取得する。取得価額は非公表。取得は2015年11月ごろを予定。その後3年以内に残りの20%についても取得し完全子会社化する。

Pan Pacificグループは、外資規制の緩和政策を背景に今後も住宅やオフィスビルの建設ラッシュが期待されるベトナムで、清掃事業において国内売上No.1を誇る。日本ハウズイングは同社を取り込み、ベトナムと同じく成長が著しい他のASEAN諸国への進出を進める。

M&Aデータベース

関連の記事

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

2018/09/12

ビルメンテナンス業界全体の売上高は、引き続き堅調に推移している。直近のビルメンテナンス業界のM&Aは、「国内の大手集約」「海外展開」「総合サービスの提供」「選択と集中」に特徴がある。

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

2016/08/04

ビルメンテナンス業は、主にビルを対象として清掃、保守、機器の運転を一括して請け負い、これらのサービスを提供する業と定義されている。経済状況に左右されにくく、安定収益が見込みやすいことから、M&Aにおいて非常に人気が高い業種の1つだ。ビルメンテナンス業界のM&A動向を探る。

M&A速報検索

クリア