M&A速報

綜合警備保障<2331>、インドネシアの提携警備会社の株式取得

2016/10/11

綜合警備保障(株)(以下「ALSOK」)は、インドネシア当局の承認を前提として、インドネシアにおける提携警備会社PT.Barungu Aneka Sistem Sekuriti(インドネシア、以下「BASS」)の株式49%を取得する契約を締結したことを発表した。

今回の株式取得により、ALSOKは、長年培ってきたセキュリティのノウハウをBASSへ提供し、顧客のニーズに合わせた最適な警備システムの提案から、日本式の教育・訓練を受けた警備員による高品質な常駐警備を提供していくとのこと。なお出資後は、BASSの社名をPT.ALSOK BASS Indonesia Security Servicesに変更し、常駐警備を提供するALSOK BASSインドネシア及びセキュリティ機器の販売を行うALSOKインドネシアの2社体制により、インドネシア国内における事業を展開していく、としている。

株式取得価額は非公表。

株式取得予定時期は、2016年11月中旬。

M&Aデータベース

関連の記事

警備会社に追い風 オリンピックでさらなる高みへ

警備会社に追い風 オリンピックでさらなる高みへ

2019/11/15

セコム、綜合警備保障(ALSOK)、セントラル警備保障(CSP)の警備業大手3社の業績が好調だ。テロなどに備えた防犯意識の高まりなどから警備需要が増加しているのが背景にある。

[介護業界のM&A]大胆な報酬改定の影響は?

[介護業界のM&A]大胆な報酬改定の影響は?

2017/10/30

市場拡大が続く介護業界だが、解消されない慢性的な人材不足に悩んでいる。2018年の報酬改定では大胆な介護報酬の削減が予想され、各社生き残りをかけたM&Aの動きが活発化してくると思われる。

【綜合警備保障】警備を軸にファシリティマネジメントと介護事業を強化するALSOKの今後は

【綜合警備保障】警備を軸にファシリティマネジメントと介護事業を強化するALSOKの今後は

2016/07/30

「ALSOK」(アルソック)でお馴染みの綜合警備保障のM&Aは、関係会社の完全子会社化から始まった。現在警備を軸に、M&Aなどによりファシリティマネジメントと介護事業、海外展開を強化している。今後のM&Aについてや、事業別売上高や事業別営業利益などを見てみる。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5