ポーラ・オルビスホールディングスは連結子会社であるpdc、及びフューチャーラボ(以下、FL社)の全株式を譲渡することを決議した。

pdcは、山田養蜂場に株式譲渡を行う。pdcはドラッグストア等の一般小売店流通市場における事業展開を目的に化粧品等販売を行ってきた。既存の事業に加え、山田養蜂場の顧客データーベースに基づく通信販売のノウハウを活用することにより、さらにpdcの事業規模拡大が図れることから全株式譲渡に至った。

譲渡金額は、12億円であり、株式譲渡予定日は平成28年11月以降を予定している。

 また、FL社はファーマフーズに株式譲渡を行う。FL社は、平成15年の設立以降、TV通販と自社WEB通販を通して化粧品等販売を行ってきた。ファーマフーズは機能性食品素材の開発・販売を行ってきており、今後化粧品事業と通信販売事業を成長領域として位置付けているため、両社の顧客に対するクロスセルの展開や、ファーマフーズ社が有する素材開発力やエビデンスを活かした高付加価値品の開発、販売等のシナジー創出ができることから全株式譲渡に至った。

譲渡金額は、12億円であり、株式譲渡予定日は平成28年11月以降を予定している。