設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、産業機械などの事業を展開するコマツ(東京都)は、米国の完全子会社のコマツアメリカ(米国)が、露天掘りおよび坑内掘り向け鉱山機械の製造・販売・サービスを行うJoy Global Inc.(米国、売上高3388億円、営業利益△1184億円、純資産1516億円、以下ジョイ・グローバル社)の全株式を取得し、完全子会社とすることについてジョイ・グローバル社と合意することを決議した。

コマツは、ジョイ・グローバル社の買収により、コマツが保有していない超大型の露天掘り向け鉱山機械および坑内掘り向け鉱山機械などを新たに製品ラインナップに加えると共に、長年顧客と直接向き合い深い経験とノウハウを持つ両社の直接販売・直接サービス体制を統合し強化するとしている。更に、品質と信頼性を重視するコマツとジョイ・グローバル社のモノ作り技術を融合させるだけでなく、両社の強みである「IoT(Internet of Things)」を活かし、露天掘りおよび坑内掘り向け鉱山機械をコマツの鉱山管理システム上でつなげ、機械の稼働最適化、遠隔操作、無人化を進めることで、鉱山現場の安全および生産性の大幅な向上に貢献するとしている。

株式取得予定価額は約3036億円。

株式譲渡実行予定日は平成29年中。

なお、本買収は、コマツアメリカが本買収のために設立する完全子会社とジョイ・グローバル社の合併による方法(逆三角合併)で実施する。合併後の存続会社はジョイ・グローバル社となり、コマツアメリカの完全子会社となる。