M&A速報

エス・エム・エス<2175>、マレーシアの病院情報システム開発会社CENTIUM SOFTWAREを子会社化

2014/11/19

エス・エム・エスはシンガポール子会社を通じて、病院情報システムの開発・販売を手がけるマレーシアのCENTIUM SOFTWARE SDN BHD(クアラルンプール)の株式51.0%を取得し子会社化したと発表した。取得日は非公表。

CENTIUM SOFTWAREはマレーシア以外のアジア各国においても病院情報システムを納入した実績があり、各国の医療制度や医療プロセスに対応したカスタマイズを行うノウハウがある。エス・エム・エスは進出先のアジア12カ国で展開している病院向けサービスとのシナジーにより、病院情報システム事業の拡大を狙う。譲渡価額は約5800万円。

M&Aデータベース

関連の記事

【エス・エム・エス】巧みなM&Aで12期連続増益 世界の医療従事者囲い込む

【エス・エム・エス】巧みなM&Aで12期連続増益 世界の医療従事者囲い込む

2017/03/03

エス・エム・エスは2003年に設立されたヘルスケア関連企業だ。医療、看護、介護分野の情報サイトや人材サービスを展開し、高齢者の増加を追い風に12期連続で増収増益を達成した。さらなる成長に向けて海外M&Aも積極化している。

【ストックオプション事例研究】エス・エム・エス新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】エス・エム・エス新株予約権(有償ストックオプション)発行

2016/09/20

今回は、エス・エム・エスの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されている。同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア