住友ゴム工業とThe Goodyear Tire & Rubber Company(米国、以下Goodyear社)は、アライアンス契約及び合弁事業の解消を発表した。

アライアンス契約や合弁事業の解消に伴う一連の取引の結果、Goodyear社は約271百万米ドル(325億円)を住友ゴム工業に支払う予定。また既存債務の返済として、Goodyear社は3年以内に総額約55百万米ドル(66億円)を住友ゴム工業に支払う予定。

住友ゴム工業とGoodyear社は1999年6月にグローバルな提携関係に入り合弁事業を展開してきたが、Goodyear社は平成26年1月10日付で国際商業会議所に対し、アライアンス契約および合弁事業の解消に関する仲裁申し立てを行った。今回のアライアンス契約及び合弁事業の解消により、仲裁申し立ては取り下げられる。

合弁事業の解消の内容は以下のとおり。

①Goodyear Dunlop Tires North America, Ltd.

住友ゴム工業25% /Goodyear 社 75% → 住友ゴム工業グループ 100%

②ダンロップグッドイヤー タイヤ

住友ゴム工業75% /Goodyear 社 25% → 住友ゴム工業グループ 100%

③Goodyear Dunlop Tires Europe B.V.

住友ゴム工業25% /Goodyear 社 75% → Goodyear 社100%

④日本グッドイヤー

住友ゴム工業75% /Goodyear 社 25% → Goodyear 社100%

⑤共同購買及び共同技術開発合弁会社はいずれも解散する予定

株式の取得及び譲渡価額はいずれも非公表。