住友ゴム工業(株)(以下「住友ゴム工業」)は、スポーツ事業子会社であるダンロップスポーツ(株)(以下「ダンロップスポーツ」)<7825>と共同出資会社を設立し、Sports Direct International plc(英国、売上高62億円(42.64 百万ポンド)、資産約61億円(41.76百万ポンド)以下「SDI」)から、海外のDUNLOP商標権並びにDUNLOP ブランドのスポーツ用品事業及びライセンス事業を譲り受けるための契約を締結することを決定し、SDI社と同契約を締結したことを発表した。

住友ゴム工業グループはこの買収により、タイヤ事業では欧米やインド、豪州等を除き全世界のDUNLOP商標権の所有権者となり、スポーツ事業と産業品事業では、今後は全世界でDUNLOP ブランドの商品を展開できることになる、とのこと。またSDIが行っているDUNLOPブランドのスポーツ用品を製造・販売するスポーツ用品事業とDUNLOPブランドのライセンス事業も買収するとのことになるとのこと。

住友ゴム工業グループは今後、グローバルにDUNLOPブランドの価値向上を図るとともに、スポーツ事業、ライセンス事業のさらなる発展・拡大に取り組んでいく、としている。

事業譲受価額は約161億円(137.5 百万米ドル)。

事業譲受期日は2017年上半期。

※1ポンド=145円 、1ドル=117 円にて換算。