西濃運輸の持ち株会社、セイノーホールディングス(岐阜県)は、折半出資する投資目的会社を通じて、ポラリスキャピタルグループ傘下のファンドより関東運輸(群馬県、売上高192億円、営業利益13億円、純資産45億円)の全株式を取得する。

関東運輸はチルド輸送に関して高い技術及びノウハウを有し、北関東地域においては地域No.1であるとともに、全国レベルでチルド配送に対応できるネットワークを持っている。セイノーは同社の買収を通じて常温・チルド・冷凍の三温度帯フルライン物流網を完備し、新たな価値の創造や輸送サービスの高度化を目指す。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡予定日は2015年6月10日。

投資目的会社の共同出資者は、日本政策投資銀行を単独の有限責任組合委員とし、刈田・アンド・カンパニー他が運営する投資事業有限責任組合。