M&A速報

DMG森精機<6141>、ドイツの持分法適用関連会社を公開買付により子会社化

2015/01/22

DMG森精機(株)(以下、「DMG森精機」)は、ドイツの持分法適用会社であるDMG MORI SEIKI AKTIENGESELSCHAFT(売上高2770億円(2054百万ユーロ)、営業利益199億円(148百万ユーロ)、純資産1570億円(1164百万ユーロ)、1ユーロ=135円換算、以下、「AG社」)に対する議決権比率を24.3%から50%超へ引き上げることを目的として、ドイツ法に基づく公開買付により株式取得を行うと発表した。

DMG森精機は、2009年より業務・資本提携契約を締結し、販売、開発、購買、生産等の各分野での連携を進め、2013年には「DMG MORI」という統一ブランドに合わせる形で社名変更を行い業務提携を強化してきた。今回、更なる企業価値創出のため、資本面においても両社が一体となって運営されることが最善と判断し、公開買付による株式取得を行うことに至った。

買付価格は1株当たり3713円(1株当たり27.5ユーロ)

買付予定数は20,232,774株超(議決権比率50%超となるための買付株式数、買付株数の上限は設けていない)

買付予定総額は751億円から2214億円(556百万ユーロから1640百万ユーロ)

買付期間は2015年2月11日から2015年3月11日

なお、公開買付後のAG社のフランクフルト市場での上場廃止は意図していない。

※1ユーロ=135円換算

M&Aデータベース

関連の記事

【レオパレス21】英ファンドのオデイが株式買い増し

【レオパレス21】英ファンドのオデイが株式買い増し

2019/02/22

レオパレス21の施工不良問題を受け、同社株式をめぐる大量保有報告書の動きに注目が集まっている。21日、米系ファンドのブラックロックがレオパレス株を一部放出したことが判明。一方で、英投資ファンドのオデイは2月以降さらに買い増す動きに出ている。

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

2017/12/21

2015年5月、日本から世界最大の工作機械メーカーの「DMG森精機」が誕生した。世界7カ国で14の開発・製造拠点を擁し、約1万2000人の従業員を雇用する巨大企業に飛躍する。中小企業から大企業まで全世界で約15万社のユーザーを抱える。その「原動力」はM&Aだった。

M&A速報検索

クリア