エムスリー(株)は、国内でSMO(治験施設支援機関)事業を行うノイエス(株)(売上高40億4000万円、営業利益500万円、純資産6億8900万円、間接所有割合2.6%、以下「ノイエス」)の株式を取得し、子会社化することを決議した。株式取得後の所有割合は90.9%となる。

ノイエスを子会社化することで、エムスリーグループは提携施設の拡大や、臨床試験における症例組入能力向上、質の高い人材の確保を果たすとしており、これにより、エムスリーグループが展開する治験支援事業は提携施設、人的リソースにおいて業界トップクラスの規模となり、業容の拡大とともに案件受注力の拡大が見込めるとしている。

株式譲渡価額は1億8200万円。

アドバイザリー費用等は最大で1000万程度となる見込みである。

株式譲渡実行予定日は2015年4月1日。