リアルビジョンは、海外ECサイトの導入などデジタルビジネスコンサルティングを手がけるK2D(東京都港区。売上高2億5500万円、営業利益118万円、純資産7690万円)を完全子会社化することを決めた。リアルビジョンを完全親会社、K2Dを完全子会社とする株式交換を実施する。株式交換比率はリアルビジョン1:K2D 750で、K2Dの株式1株に対し、リアルビジョンの750株を割り当てる。株式交換実施予定日は2014年12月24日。

K2Dは2012年設立で、世界中で約1200万人が利用するソーシャルコマースサービス「FANCY」の翻訳や出店開拓などの日本向けローカライズ業務を展開している。リアルビジョンは新たな収益源としてK2Dの国際的なコンサルティング事業を取り込み、グループとしての事業拡大を目指す。