M&A速報

大塚ホールディングス<4578>、米バイオベンチャーのアバニアを買収

2014/12/02

大塚ホールディングスは、傘下の大塚製薬(東京都千代田区)が子会社を通じて米バイオベンチャーのアバニア ファーマシューティカルズ インク(カリフォルニア州。売上高約89億3000万円、純資産約21億8000万円)を買収することで合意したと発表した。

アバニア ファーマシューティカルズ インクは1988年設立で、従業員数約500名。2011年に世界初で唯一の情動調節障害(PBA)治療薬を米国で発売した。同製品の直近1年の売上高は9400万ドル(約111億円)。またアルツハイマー型認知症やパーキンソン病など中枢神経系分野の開発を手がけている。大塚製薬は精神疾患領域を強みとしているが、同社を傘下に取り込むことにより神経疾患領域の開発力や市場開拓力を強化し、中長期的な成長を目指す。

買付価格は1株あたり17ドル(約2,010円)。買付予定数の下限は発行済み株式総数の50%超に設定している。買付予定額は約4190億円。買付期間は2014年12月2日から10営業日以内に開始し、開始後20営業日で終了の予定。

M&Aデータベース

関連の記事

【大塚HD】活発化する海外「M&A」ボンカレーの次のヒットは

【大塚HD】活発化する海外「M&A」ボンカレーの次のヒットは

2018/10/11

大塚ホールディングスが海外企業のM&Aに力を入れている。2013年に買収した米国のバイオベンチャー・アステックス社を皮切りに2018年までに5件のM&Aを実現した。

価格競争を軽量容器でクリア!大塚HDのクリスタルガイザー買収戦略

価格競争を軽量容器でクリア!大塚HDのクリスタルガイザー買収戦略

2017/11/11

大塚ホールディングスが『クリスタルガイザー』を製造販売するクリスタルガイザーウォーターカンパニーに資本参加したのは、約30年前の1990年のこと。米国で最も美しい山のひとつされるMt.Shasta(マウントシャスタ)の山麓の源泉を活かした軟水は、日本市場にどう浸透してきたのか。

【アース製薬株式会社】「地球を、キモチいい家に。」 は 実現できるか

【アース製薬株式会社】「地球を、キモチいい家に。」 は 実現できるか

2017/07/20

『ごきぶりホイホイ』や『アースノーマット』、『モンダミン』等で有名なアース製薬は、殺虫剤などの衛生薬品の製造・販売を行い、フマキラー、エステー、小林製薬とともに日本を代表する日用品メーカーである。大塚製薬の傘下に入り、最近は国内外の企業とのM&Aや業務資本提携を積極的に進め海外展開を図る。株価もヒアリ特需が追い風となり右肩上がりだ。

M&A速報検索

クリア